たなばた

かやぶき民家では七夕の準備です
願い事を書いて
ササダケに結んで飾りをつけて
 
 
 
こよりをよるということが子どもには難しいらしい
 
 

 いろいろ書いてありました
親が日頃、話していることを
子どもたちは敏感に
感じているんです

 

広告

たなばた」への9件のフィードバック

  1. こんばんは
    7・1のヒマワリきれいですね。札幌近郊はまだまだです。昨年,撮ったヒマワリ畑は今年はなくなっていました。別の場所を探すか 北竜町まで遠出する必要がありそうです。・・・7月末から8月初旬がピークです。
    今日の 七夕の準備ですが 短冊に「お金がたまりますように」とありますが, 「2対8」の法則の世の中 2割が富裕層で 8割が そうでない層で 二極化現象を解消してくれないかなー(夢がなさすぎますかな・・・)
    北海道の七夕は1か月遅れですが,物価値上げは内地と同じです。

    いいね

  2. ↓私のイメージ花の向日葵だ~
    夏って感じですね~
     
    小さい頃、何を願ってたのかな・・・
    でも「お金がたまりますように」ではなかったことは確かだな。(笑)

    いいね

  3. テレビニュースでは、高松駅で幼稚園児が、丸亀駅では団扇に願いを書いた七夕飾りが…などというのを目にしていますが、実物はまだ目にしていません。クリスマスなどの気が狂いそうになるほどの早さと比べれば、なんと遅いこと!と考え込みました。
     
    私の母方の祖父は、衣類なども扱う店をやっていましたから、紙縒りをよることの上手だったこと。
    紙縒りの尖ったほうを反物などの端っこに付け、その反対側…少しばかり開いている…に値段の符牒を記していました。
     
    私は、どうしても祖父には遠く及ばないものしか作れませんでした。
     
    懐かしい思い出です。

    いいね

  4. もうすぐ七夕ですね!hulalaさんはもう、夏で一杯です~ 夏が好きですか?
    私も夏は大好きですよ~ 七夕は娘が小さい頃はしましたけれど、今は何もしません。
    でも、日本の風情ですよね!この写真は何処でしょうか?
    (*^_^*)

    いいね

  5. 暇人さん
     
    物価の値上げは消費者にはキツイです。二極化現象はマスコミで取り上げていますが
    庶民はグラデーションのようになっていると思います。世の中の『買わせようとする宣伝』にとらわれないようにしっかり考えて使いたいですね。

    いいね

  6. ばんびっけさん
     
    大人はみんな、小さいときのことを思い出しながら子育てしていくと、
    いいと思いますね。
    夏はばんびっけさんの季節!!!陽気で明るくてからっとしている空のように。

    いいね

  7. gannjyさん
     
    桐生も反物の町でしたのでこよりは必要でしたね。
    荷札、値札などに使っていました。
    おじい様も手早く丈夫なこよりを作ることが出来たのでしょうね。
     

    いいね

  8. Miss.Mayumiさん
     
    かやぶき民家ですがぐんま昆虫の森の山の上にあり、赤城型民家を移築したものです。
    そこで昔あそび、お手玉、はねつき、竹馬、こま回しなどで遊びます。
    民家の中では囲炉裏に毎日火を入れています。
    古き時代を知る場所となっています。

    いいね

  9. 今日は七夕です。こっちは雨がふったりやんだりしていますが、そちらは晴れたのかな?彦星と織姫はあえたのでしょうか?かやぶき民家に、笹の飾りつけが本当にマッチしてますね。笹の葉さらさら~と歌いたくなります。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中