桜蘭

        

 

茨木のり子 「倚りかからず」から
 
笑う能力
 
「先生 お元気ですか我が家の
姉もそろそろ色づいてまいりました」
他家の姉が色づいたとて知ったことか
手紙を受け取った教授は
柿の書き間違いに気づくまで何秒くらいかかったか
 
「次の会にはぜひお越しください
枯れ木も山の賑わいですから」
おっとっと それは老人の謙遜語で
若者がひとを誘う言葉ではない
 
着飾った婦人たちの集うレストランの一角
ウェーターがうやうやしくデザートの説明
「洋梨のババロワでございます」
「なに ようなしのババァ?」
   中略
言葉の脱臼 骨折 捻挫のさま
いとをかしく
深夜ひとり声たてて笑えば
われながら鬼気迫るものあり
ひやりともするのだが そんな時
もう一人の私が耳もとで囁く
「よろしい お前にはまだ笑う能力が残っている
乏しい能力のひとつとして いまわのきわまで保つように」
はィ 出来ますれば
 
山笑う という日本語もいい
春の微笑を通りすぎ 
山よ 新緑どよもして 大いに笑え!
 
気がつけば いつのまにか
わが膝までが笑うようになっていた
 

  
◆ 桜蘭 ◆
 
 
サクララン ビロードの肌触り
 
 

 
     
広告
カテゴリー:

桜蘭」への8件のフィードバック

  1. なんて可愛いんでしょうか!!
    あ~~触ってプニプニしてやりたいm( ><)m  しちゃ駄目だとはわかっていても…
    あ~つまみたい あ~なでなでしてやりたい(^^;;) アセアセ
     
    それにしても、花火が咲いたみたいで、ほんとに可愛い~

    いいね

  2. こんばんは
    いつもキレイな花の写真 気がやすまります。 イラスト(フラッシュというのかな?)もブログにぴったりアジャスト パチ パチ
    暇人も 砂丘に咲く 自生の「ヒルガオ」を撮ってみたりしています。お花オンチの暇人も変わったものです。小鳥のほうは珍しい「ホオアカ」(☆☆)が撮れました。蜘蛛を撮ったり,日向ぼっこのイトトンボ,闇夜の螢を撮ったりで,好奇心の塊みたいな暇人は大忙しです。
    今回のブログは,印刷して何回も読んでは笑っています。おかげ様で 顔のシワが増えました。
    動画の いろけづいた お姉さんが,まだ,「パチ パチ」してくれています(^^♪

    いいね

  3. >姉もそろそろ色づいてまいりました
     
    これはこれで使えそうな言葉だと笑ってしまいました!
     
    桜蘭をこんなに近くで見たことないですね。
    ビロードみたいなんだ・・・
    今度ちょこっと触っちゃおう。
     

    いいね

  4. 茨木のり子さんの言葉・言葉…いいですね。
     

    ぱさぱさに乾いてゆく心をひとのせいにはするなみずから水やりを怠っておいて
    (略)
    初心消えかかるのを暮らしのせいにはするなそもそもが ひよわな志にすぎなかった
    (略)
    自分の感受性くらい自分で守ればかものよ
     
    もひろってきました。
     
    サクララン、斑入り葉ですね。
    我が家のには斑は入っていません。
    しかも悪いことに、手入れもしないで放っておくものですから、年々
    花の数が少なくなってゆきます。
    腑は
     

    いいね

  5. くるみ6_6さん
     
    お元気そうでうれしい。
    プニプニ、なでなでしてあげたくなる花ですよ。
    どうして花を見ると気持ちがいいんでしょうね。
    くるみさんのコメントみたく明るくて楽しくなりますよ~。

    いいね

  6. 暇人さん
     
    「好奇心の塊みたいな暇人は大忙し」はお名前と違っちゃっていますね~。
    闇夜の螢も大変でしたね、その熱心な行動は読んでいて伝わってきます、でもお怪我をなさらないようにご注意を、不審者として職務質問されなくてよかったと思っています。
    大年増のおねえさんも心配になってしまいますよ。
    笑うことは必要ですね、それに美しいものを見ること、自分にそれがあったかどうか、一日を振り返ってみる毎日です。

    いいね

  7. ばんびっけさん
     
    写真も色がきれいだと見栄えがしますね~。
    プロのばんびっけさんの写真もキレがいいですね。腕がいいのだといつも思っています。
    楽しみにしています、これからもよろしくね、コメントをいつもありがとう。

    いいね

  8. ganzy さん
     
    自分の感受性くらい自分で守ればかものよ
     
    納得です。
     
    サクラランはそちらでは野生であるんでしょうか、冬は室内に入れて育てています。
    チョウのために育てているんですよ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中