ヤマユリ

山へ入ると
花の女王の貫禄のある
ヤマユリが魅惑的な香りを放っている
誘われて顔を近づけると 花粉がそこここにつく
 
夏の野の 繁みに咲ける 姫百合の
知らえぬ 恋は 苦しきものを    
                               大伴坂上郎女
 
鱗茎は掘り出して甘辛く煮付けて食す
ぽくぽくとしておいしい
美しい百合を食べる・・・その感想は
★★★きれいになれるかしら
 
 

 
 ★ ヤマユリ ★
 
匂いやさしい白百合の
濡れているよなあの瞳
想い出すのは想い出すのは
北上河原の月の夜     
                            [北上夜曲]
  
 
広告
カテゴリー:

ヤマユリ」への6件のフィードバック

  1. こんばんは
    「ヤマユリ」ステキですね。暇人は,昨年の積丹探勝のおり,積丹岬に咲く自生の「オオバユリ」というお花を,おかしな経緯から現地のおばさんからいただいてきたのですが,今年花が咲いたら「ユリ」ではなく「山芍薬」だったようです。でも「芍薬」はみごとに咲いてくれました。今年も,雪の下に寝かせて来年も花を咲かせる予定です。記念に「山芍薬」の写真を撮って飾り,毎日眺めては「積丹のおばあちゃん」を思い出しています。今日の札幌は,快晴でしたが強風が吹き荒れ「22度」という寒い一日でした。

    いいね

  2. 私が自生のヤマユリを目にしたのは一度だけです。
    その場所は、大和は多武峰の背後の山「御破裂山」の山中でした。
    昨日の「サクララン」などと同様に、「ヤマユリ」も園芸植物としか思えないような華やかなものですね。
    花屋さんが、百合の雄蕊を切り取って売るようになったのは、いつの頃からでしょうか?と、へんなことを思っています。

    いいね

  3. hulalaさん
     
    お早うございます~ 私はカサブランカが大好きです!それからゆりねの煮たのも好きですよ~
    ホクホク感がなんともいえませんね!友達が上手に作るので何時もご馳走になります。
    Beerにも合いますね。
    何時も元気なhulalaさん今日はどちらへ、、、、、。
    ヽ(^。^)ノ
     

    いいね

  4. 暇人さん
     
    良い思い出の「芍薬」、大事になさっているんですね。
    山芍薬は一日花で奥ゆかしいしっとりとした花で、いいですね。
    天候が定まらなくて、気候についていくのが大変です。
     

    いいね

  5. ganzyさん
     
    こちらではちょっとした山に行くと
    ヤマユリは背丈があるので目だって咲いています。
    においも強く、嗅ぐとフラフラしてしまいそうで~す。
    大きくて目だって存在感がありますね。
     

    いいね

  6. Miss.Mayumi さん
     
    こんばんは
    このヤマユリの根はお正月に食するユリネよりずっと大きいので
    食べでがありますね。
    春にはユリネをはがして一片ずつピンクに染めて
    桜の花びらの感じで会席膳などに添えられていますね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中