マルバルコウ

道の端や野原のどこにでもあるつる性の植物
オレンジの小さな花
白の野菊やツユクサと一緒に咲いていた

● 巨大なキュウリ大きさは42センチです
● 無題

広告
カテゴリー:

マルバルコウ」への6件のフィードバック

  1. おばんです
    「無題」はいいモチーフですね。木にたくさんの目があって四方八方を睨んで警戒しているみたい・・童話に出てくる「木の精」を連想しました。
    暇人の撮った,キツツキに食い荒らされた木ではサメてしまってNGです。最近は,野鳥の姿は森の奥に入らないと見つかりません,「ヤマゲラ」(未公開)を見つけたのが最後です。双眼鏡では飛んでいる姿を見つけるんですが,距離が離れすぎて撮れません。次の鳥が撮れましたら「ヤマゲラ」をアップします。「ヤマゲラ」が未公開のうちは,次の鳥が撮れていないということです。動物園の熱帯鳥類館には色鮮やかな鳥がたくさんいるんですがね(笑)

    いいね

  2. お早うございます。
    今、目の前にある机の引き出しからスケールを出して42cmを実感しました。
    こんな巨大なキュウリは見たことがないです。
    というのも、我が家の菜園ではかなりの量のキュウリが採れましたが、合間に叔母のところへもって行ったことが二、三度あるくらいで、何とか処分できる程度の収穫量ですから、できるだけ早めに採りいれるようにしているのです。美味しく食べられる限度は20cmまでだと思っていますので。
    マルバルコウはあちこちで目にしますが、どうしたことなのでしょう…今までに、カメラに収めていないように思います。なぜなのでしょうか?
    最下段の節跡はまさしく目玉です!

    いいね

  3. 暇人さん
    山の樹木も観察するといろいろな様子を見られて楽しいです。
    そのうちに木と友だちになっちゃったりして、話しかけたりしたら
    とうとう頭にきたの、なんて言われそうです。

    いいね

  4. ganzyさん
    巨大キュウリは堆肥をたくさん入れた肥えた畑で出来ました。(我が家ではないのです)
    この種子の出来たキュウリを『キュウリもみ』にすると昔食べた味がして美味しいのです。今はこういうのは販売されていませんね。

    いいね

  5. こんばんわ。
    暇人様ではないけど、「無題」、おもしろいですね。
    ホント、妖怪「百目」みたい。 人間のやることを黙って観察しているって感じで面白いですね。
    何を思っているんだろう?
    マルバルコウですか? 普段あまり気がつかないけれど、結構きれいなんですね。野の花。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中