小菊

スペースのモバイルでの閲覧がスムースになっているんですね
 
携帯で見るときは大きな写真はみられないので
「写真の追加」で左下に入れたのが携帯でもみられていいですね
旅行中などは携帯からアップすると面白いし
気になるブログを閲覧したりコメントを入れたりして・・・・
 
ただしチョット頭がいたいのは(懐かもしれない)
パケット料金がかさむことかな   %%%%%
 

 

赤堀の小菊の里にて、天気は上々
なだらかな丘に咲いている菊をながめ
一面に広がっている菊の柔らかいほのかなかおりに酔って
むせておりました。  気持よい時間をすごす
 
 
広告

小菊」への14件のフィードバック

  1.   コメントの文字が全くと言ってよいくらい、打ち込めなくなっていて、これはログアウト3回のあとです。あきらめかけておりましたが、今、書けておりますから、「狐に鼻をつままれた」ようです。それにしましても、Hulalaさんにして、(前に書かれているように)あれだけのご苦労があるんですネ。わたしなどは「序の口」です。
     小菊の色があざやかによく出ていますネ。生き生きとしていて気持ちがいいです。
     

    いいね

  2. おバンで 御座います 先ほどは お出でいただき有難う御座いました
    お見事な 写真 腕前 びっくりして たまげて 田舎 帰ります

    いいね

  3. Benさん
    パソコンにしてもブログにしてもスーパーマンではないので
    機関銃のように使って機嫌を損ねてもしょうがありませんから、様子を見たり休暇をとったりしながら
    楽しんでいますよ。小菊の里では赤紫と白い菊は満開でしたが黄色はこれからでした。
    なくなった父が菊を栽培していましたので菊を見るたびにWetになってしまいますが
    この季節は菊に父を重ねながら、鑑賞することになります。

    いいね

  4. お早うございます。
    「小菊の里」を考え出したお方は、かなりの人物です。
    なかなか、この発想は生まれてくるものじゃないです。
    といっても、芝桜を植え込んだ地が有名になっていることを思い合わせればそうでもないのかな?
    でも、やっぱり偉いです。
    16日から、当地「公渕公園」で恒例の菊花展がはじまりました。
    一週間ほど開花が遅れているそうですので、しばらくツボミばかりを見なくてはならないかもしれません。
    母は、デイサービス先から連れて行ってもらっています。
    今年も明日19日か来週26日かに連れて行ってもらうことになると思います。
    我が家の小菊は仏壇用にと時期をずらせて咲くように、あれこれと作っています。

    いいね

  5. 菊の花のかおりって、なぜか悲しくなってしまうのですが、こういっぱいあると壮観ですね。
    あらためて、こうした拝見すると菊にも色がいっぱいあるのですね。
    ところで、ご存知かもしれませんが、養老さんが新しいコナーを始めました。ご参考までに。
    自分がタイの奥地で虫とりをしているような、楽しさが自分にはありました。http://info.nikkeibp.co.jp/nbpp/epson/index.html
     

    いいね

  6. こんにちは
    やっと通常の生活ペースに戻りました。菊のほのかな香りにお酔いになったようですが,自然の香りに酔うっていいですよね。暇人も森林公園で初めて体験しましたが,病み付きになりそうです。月の出は午前2時台になり撮影が難しくなりましたが,昼の月を狙っていますが居場所が分からず苦労しています。取り敢えずは「10月16日」の月をアップしましたが17日,18日は撮れませんでした。
    忍ばずの池では,チュウサギが小魚獲りをしていて捕食した瞬間の撮影に成功しました。これが,今回の最大の収穫でしたが,同じ個体に一時間近くネバッタ甲斐がありました。これで上京の主目的がすっかり影が薄くなってしまいました。

    いいね

  7. ganzyさん
    そういわれてみれば、初めて実行するというのは企画力が必要ですね。
    こちらの里もだんだんと良くなってきているようです。
    菊花展もそろそろ見ごろになりますね、こちらも近くに「ながめ」というかなり有名?な
    ところがありますので、行ってきますよ。
    庭の小菊の花の時期をずらせるのは難しいのでしょうか、我が家も何種類かあるのですが
    いっぺんに咲いてしまいます。

    いいね

  8. matさん
    菊も青空の下で広い空間に沢山あると幸せな思いにひたれます。
    誰もいなければ香りを嗅ぎながら横になっているんですけど・・・・無理ですね
     
    養老孟司さんのHPは教えていただけてありがとうございました。
    ゆっくり勉強させてもらいます。

    いいね

  9. 花の香りに酔うのは身体でそのものを受け止められるのですからすばらしいと思っています。
     
    ところで主目的より感動が大きかった画像は写すことが出来てよかったですね。
    得をした気分でしょう。
    それにしても1時間もかけたのですか・・・・・・・。すごいです。

    いいね

  10. 追伸です:
    小菊の開花時期は、それぞれの菊によって、驚くほどピタリと決まっています。
    ですから、●月の●日ごろに咲くもの、□月の□日ごろに咲くものと、しっかり記録しておく必要があります。
    そのようにして種類を増やしてゆけば、半年以上は小菊を楽しめるようです。

    いいね

  11. 小菊かわいらしいですね、普通の菊より愛らしい感じ。うちのアパートは一階に花をかざるのを習慣にしておられるみたいで、専門の花屋さんがいるみたいですが、先週は真っ白い菊が大量に花瓶にさしてありました。。。。日本でいうとお葬式の献花のようで。。。うーーーんとうなってしまいました。アルバム3つも見ていただいてうれしいです。:)

    いいね

  12. ganzyさん
    分かりました。
    よそのお宅の菊の開花日を記入して歩いて
    表を作り、分けてもらえれば半年くらい花が絶えないですみますね。(虫のよいはなし)
    でも皆さんが快く分けてくれますので、いただいてきます。

    いいね

  13. Stinkykidsさん
    目を凝らしてみるような興味を引くアルバムでしたよ。
    インドの文化もわかるし、ヒンズー教の現在の様子とか、それにインド人は美女が多いですね。Stinkykidsさんのブログは
    文化の香りがします。楽しみにしていますのでよろしくね。
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中