ノコンギク

イチジクの木の下にたくさんあったのですが
ありすぎて葉が傷み
花も絡み合ったりしていたので
全部抜き取りました
 
それでも残った
健気な 野紺菊です
少しですと 可憐に見えてくるから不思議ですね
 

◆ 野紺菊 ◆

        

広告
カテゴリー:

ノコンギク」への4件のフィードバック

  1. こんばんは
    「野紺菊」ですか・・・痛んでいますけども頑張っているんですね。暇人の先日の痛んだ羽根の「トンボ」思いだしました。
    それぞれ 逞しく生きているのをみると,我が子を虐待して最後には川に投げ捨てる人間は,一番残酷な生き物のように思えてきますから,フシギです。
    今夜も,夜空には雲が流れています。今日の月の出は「23:29」ですから南の空に回ってくるのは,日が変わった3:00頃になるんでしょうね。
    そのころに目が覚めてくれるといいんですがね・・・・・・。

    いいね

  2. こんにちは。
    今日は、信じられないほどの暖かさになりました。
    母の散歩も、余分に重ね着をさせる必要もないほどでした。
    午後2時前から雨が降り始めていますので、これが止むと、寒さがやってくるだろうと思います。
    我が家にも、かなり厄介者扱いされて、我が家の奥さんがやっきになって抜き去るものがあります。
    オギザリスの類、ホオズキなど、球根や根っこが逞しいものです。
    これをやっていると、シッペガエシをされて、姿が見えなくなってしまうこともあります。
    ジュウニヒトエなどがそうでした。

    いいね

  3. 暇人さん
     
    野紺菊は京都の嵯峨野を歩いたときにあちこちに咲いていました。小さな一輪挿しにも
    可愛らしく飾ってあり、いいなぁと思って庭に植えたものです。
     
    京都はモミジも趣があって、それぞれ個性がありましたし歴史もあるんですものね。
    祇王・祇女の祇王寺のモミジもはかなくほっそりとした美しいもみじで大好きになり
    我が家にも小さな木ですが7本あります、大事な木です。
     

    いいね

  4. ganzyさん
    本当によい日でしたね、散歩にはもってこいの日でした。
     
    花が見たくて植えたのに、増えすぎてあとで抜くのにも困ることってずいぶんありますね。
    今困っているのはリュウノヒゲ、込みすぎて剥がさなくてはならなくなりました。
    そういえばジュウニヒトエはどこにいったのでしょう、探さなければ(笑)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中