11月18日

19日、20日は恵比寿講です
桐生の恵比寿講も昔ほどではないにしても
にぎやかなことでしょう
 
小さいときは恵比寿講が来ると
冬支度の服を用意してくれました
かすかな思い出に 別珍の足袋を買ってもらったことがありました
その頃は下駄を履いていたんでしょうね
 
今年は(も)暖かく恵比寿講がきてもコートを必要としていませんが
朝晩はだいぶ冷え込んできていますから
空っ風が吹けば急に寒さがやってくるんですね
 
 

                    

広告

11月18日」への4件のフィードバック

  1. こんばんは
    今日の写真は何なんでしょう? 暇人には「アフリカワニ」の顔に見えたのですが・・・hulala様は何をイメージされたんでしょう。
    何か,悲しいことがあったのでしょうか・・・寂しげな顔をしていますね。赤い葉が ワニさんの涙にも見えるのですが・・・・。
    森の中を歩くといろいろなイメージの湧いてくるオブジェがあるので楽しいですね。
    スズメバチも音沙汰なしですので,西岡公園の森の中も自由に歩けるようになりました。こうなってくると森の中の動物園といった感じになりますね。
    夕方から気温が下がってきましたが,そちらはいかがですか?
     

    いいね

  2. こんばんは。
    「足袋」はともかく、「別珍」にかなり仰天しています。
    若い方に尋ねてみたい言葉です。
    ならば、ついでに「コールテン」も尋ねてみましょう。
    「えびす講」は、まるで馴染みのない祭りです。

    いいね

  3. 暇人さん
    こんばんは
     
    わたしはぞうさんに見えます
     
    が ここは散歩の途中のポイント(わたしの)なんです。
    必ず挨拶をするというか、ぐんま昆虫の森を作っているときに切り倒したのか
    それ以前だったのかはっきりしませんがずっと気になる存在でして
    通るたびに今日はどんな様子かなと思いながら 挨拶するんですよ。
    いけばなのオブジェ見たくなるときもあります。
    ”森おやじ”ですね。
     
    こちらも急に朝晩ぐっと冷え込むようになりました。
    寒いのは苦手です。
     
     

    いいね

  4. せっかくの恵比寿講が雨になってしまいました。
    寒さもきつくなりましたし、温かい服装をしないと風邪を引きそうです。
     
    桐生ははたどころで織物が盛んでした。
    布地も豊富で、コーデュロイなどのつっきりという内職なども沢山ありました。
    綿生地なので絹のベルベットのような高級感が無かったのですね。
    手触りがよくて好きでした。
     
    若い方は布地の名も知らない人が多いですね。
    http://www.tailor-kasukabe.com/material/11_corduroy.html
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中