年輪

人は年を重ねて生きる
山の木々も年輪を刻む
散歩途中、山で木を切っていた
切ったばかりの木は周りに芳香を放つ
 
この木は何年かかって成長したのだろうか
根から水を吸い上げ
葉は光合成をして栄養分を蓄える
葉緑体で太陽エネルギーと水と二酸化炭素で酸素を放つ
温暖化を軽減できる
「もっと光を」・・はゲーテだったかしら
「もっと緑を」・・で温暖化を防ぎましょうよ

 

 
広告

年輪」への4件のフィードバック

  1. こんばんは
    写真を見て 年輪を数えてみましたが 最後まで数えきれませんでした。暇人の額のシワよりは多いようですね・・・ここまでになるのには相当な苦労があったのでしょうね。最近は 地球温暖化が問題になっていますが  もとはといえば 人様のなせる業ですから 人様が責任をもって解決しなければならない問題だと思いますね。子々孫々のためにも 豊かな地球を守らなければ 人類が滅亡するかもしれませんね。自分でできることからということで レジ袋はもらわず 買い物バックに入れてきていますが・・割り箸の使い捨ても考えないとなりませんね・・。
    カワセミさん そんなに運動したら疲れてしまいますよ・・まだ一匹も獲れてないんですか・・それでは頑張ってください!!
     
     

    いいね

  2. この木は何年生きていたんでしょうね
    可哀想に 枯れ落ちる木は幸せですね
    人の都合で切られる木は可哀想ですね
    家になったり、紙になったり、割り箸やバットになったり 色々な形になって私たちを最後まで支えてくれてるんですよね
    木々のお陰で酸素が生成されて、私達は生かされてるのに 
    それでも、伐採されて形を変えた木々が無いと困るのも事実なんですよね~ 人って…私も困った生き物だ(汗)

    いいね

  3. 暇人さん
    こんにちは
    『ウソ』の食事はいつも口にくわえているのはそういうことだったんですね、ありがとうございます。
    省エネも人は矛盾だらけの生活をしていますね、一人一人がせねばならぬと頑張っても
    別のところで大きな無駄があるのですよ。
    温暖化と水は大きな問題ですし、作物と害虫などの心配事が多くなるんでしょうね。

    いいね

  4. くるみ6_6さん
    こんにちは
    里山の生活は山の手入れをしながら恵みをいただく、
    GIVE&TAKEなんです。昔は山の労働が厳しかったでしょうね。
    自然がいいとは云いながら自然の中に入るということは大変なことだろうと思います。
    そんなことを理解しながら山を楽しませてもらっています。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中