能登の旅

15日にブログを書き込もうと開いたがインターネットが繋がらない
そんなことで
挨拶できないまま能登の旅に・・・・
大型バスで18名、とはなんともったいない
またまた高速道路で北関東自動車道~関越自動車道~北陸道で
砺波まで=有名なチューリップは球根の掘り出し中でした
 
 
                チューリップを抜く作業               公園内の5連の水車 
 
食事をしてから北陸道~東海北陸道に乗り五箇山へ
世界遺産になって整備されて
バスの駐車場からはこの4月に出来たばかりのエレベーターで合掌造り集落へ降りる
ここの民家はくらしが今も営まれているのです
 
 
 
  
          5階建て                        ゼンマイを干している     屋根の葺き替え作業
 
バス旅行は忙しいですね
今度は小松市の松井秀喜ベースボールミュージアムへ
  
           トロフィーの姿がすてき 
 
ようやく粟津温泉に着きました
 
広告

能登の旅」への6件のフィードバック

  1. 藁葺き屋根で5階だてというのがあるのですね。
    家の近くでとれる山菜を食べるなんて、素敵だなと思います。
    バス旅行楽しそう、修学旅行みたいですね。
    旅行引き続き楽しんでください!

    いいね

  2. Stinkykidsさん こんばんは
    いつも沢山本を読んでいらっしゃるんですね。
    良い本があったら教えてくださいね。
    中国の問題点を知らせてくれるブログに、廃油を化学処理して食用油として使っている現状が
    書いてありましたが興味があったら一度ご覧くださいませ。http://shimaokajp.spaces.live.com/ ”感動を探す旅人”さんです。

    いいね

  3. こんばんは
    白川郷には5年程前に行きましたが、ライトアップが、素敵でした。
    合掌造りの家には、住民が、普通に生活してました。
    合掌造りの家を守っていくのは大変そうです。

    いいね

  4. こんばんは
    大型バスで18人のご旅行とは バスの中で運動会ができますね。今回は能登の旅でしたか。写真を見るだけで楽しくなってきますね。暇人が一緒にいったら 珍しい鳥ばっかり探して撮ってくるんでしょうね。ゴジラのミュージアムは立派なのには驚きました。まだまだ続きがありそうなので楽しみにしています。

    いいね

  5. tamoさん こんばんは
    五箇山が世界遺産に指定されて見学者が増えると
    日常生活にも影響が多いでしょうし、それでなくても雪が多い地方で
    時代モノの古民家に住むことは容易ではないと思います。
    二階三階と養蚕用になっていますが上り下りの梯子段が急で
    荷物を持ってなど登れません。上の階は床が隙間が開いています(風通しを良くするためだそうです)
    合掌造りの家は大自然の中で厳しさに寄り添っての生活かもしれません。

    いいね

  6. 暇人さん こんばんは
    「松井秀喜ベースボールミュージアム」はアメリカ合衆国の代表のような建物でした。大リーグの選手のサイン入りの帽子、ユニフォームなどあり野球に興味のある人には魅力があるでしょうね。
    バスの中で立ったり座ったりの体操など一人でやっていました。バスが動いているのに写真を撮っているのはわたしだけですもの。皆さんは飲み疲れのご様子で乗ればお休みになっていらっしゃいましたから。
    それにしてもハイウェイ道路地図は置かなくなりましたね、コンビニ協賛のCMいりで作ってありましたよ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中