能登の旅 3

3日目は朝起きたら太陽が出ていました
バスにちょこっと乗ってすぐに朝市の場所
8時30分にはもう始まっていました
揚げたてで温かいとびうおの天ぷら
ミョウガタケも売っていた
品定めに夢中になっていたのかもしれません
写真を撮るのを忘れました m(__)m
 
 
◆ トチノキ ◆
 
次に門前町の総持寺祖院(曹洞宗大本山)へ向かう
門前町は地震で多くの被害が出た場所でテレビで何回も映していました
いたるところの屋根にブルーシートがかぶせてあり
大きな家が傾いたままになっているのもありました
前日には北島三郎が仮設住宅を訪れたとガイドが説明していました
総持寺祖院も被害が大きかったようです
門前の灯篭は落ちて僧堂(坐禅堂)は斜めになったまま立ち入り禁止になっている
私たちの見学中にも若いお坊さん方は庭の掃除をしていました
 
 
    山門                             山門の向こうにはビニールシートが見える
   
    僧堂が傾いている          ツツジの下を箒でキレイに    山岡鉄舟書の襖          池のツルも倒れている            
 
次のコースになっていたヤセの断崖は立ち入り禁止で見学できません
能登金剛の巌門は長い時間をかけて波が岩をくりぬいてトンネルになっているんですね
   
巌門では小学生の修学旅行の団体と昼食が一緒になり
小学生はサラダとカレーライス
私たちの定食よりカレーライスのほうがおいしそうにみえました
 
ここよりバスは群馬へ向けて走るばかり
上信越自動車道で妙高高原、長野、小諸、軽井沢を通って無事帰宅しました
 
 
 散居村・水田の海に浮かんだ緑の島に見えます
とても美しい風景でした
広告

能登の旅 3」への4件のフィードバック

  1. こんばんは
    能登半島地震の被害は 古い建物に多いようなんですね。丈夫で重たい建材でも 下からゆすられると 弱いんですかね?能登地方では 重たい屋根瓦や梁が 家を押しつぶす原因にもなったということですが・・・。強い地震がきたら  安全といえる建物はないかもしれませんね。帰路は一気に上信越道を駆け抜けたんですね。お疲れさまでした。・・・・水田の中に 住まいがあるんですね  これでは 泥棒も入りにくいですね。そして 車も入れませんが 引越しはどうするのか 心配になってきました(笑)

    いいね

  2. 今晩は
    日本海の荒波は、春になってもスゴイですね。
    今年の冬城之崎の日本海の荒波を見た時泡が出てまるでシャボン玉のようでした。
    日本海の魚介類は、身が締まって美味しいのかな???

    いいね

  3. 暇人さん こんばんは
    今日はすご~く暑い日でした、北海道はいかがでしたか。もしこの暑さなら
    一挙に夏になったと思います。
    里山に行ったら顔に塩が噴出してしょっぱかったです。
    散居村の姿ははじめて目にしまして、また水田に水が張ってあり
    特に美しく映ったのだろうと思います。お隣さんへ回覧板を回すのも
    遠いですね。住めば都です、ゆったりと暮らしていらっしゃるかも・・・。
    これから相変わらずのブログになります、よろしくね。

    いいね

  4. tamoさん こんばんは
    そちらは今日の陽気はいかがでしたか、群馬は館林が32度になったと言っていましたが
    暑い日でした。城之崎ってかにのおいしいところですよね、2年前に行きましたが
    夏の終わり頃でしたので波は静かでした、冬の日本海の海の泡は写真でよく見ます。
    泡が風に飛ばされて空を舞う写真などすごいと思っています。
    みたいなぁ(*^。^*)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中