アザミと金糸梅

アザミの花には蝶がよくやってくる
花が沢山集まっているので蜜が集めやすいのかもしれない
オレンジの蝶は「ウラギンヒョウモン」下に止っているのは「アゲハチョウ」
仲良しに見えますがほんとはどうなんでしょうね
 
 

 
 
 
散歩をしていると
どこの家の庭にも見られる花
 
とは云いながらも我が家には
ありません
 
「金糸梅」(キンシバイ)
風水に使えそうなほど
金色に光ってまぶしい感じの色をしています
 
 
 
 
 
 
広告
カテゴリー:

アザミと金糸梅」への6件のフィードバック

  1. こんばんは
    アザミは前日の登山の時登山道の両脇に多く咲き
    歩いていると針に刺された痛みが、何度かありました。
    葉がとがっていて、花が紫色の球状でした。アザミでしょうか?

    いいね

  2. こんばんは
    アザミの花と蝶2種はグッドタイミングですね。なかなか種類の違った蝶を一緒に撮るのは難しいです。暇人も いつも 異種混合場面を意識しているのですが,そばに寄ってきてもフレーム枠に収まってくれません。こればっかりはタイミングと「運」と諦めていますが・・・まだ,粘りと根性が足りないみたいです。アザミは似たようなのは見かけるのですが イマイチ 認識度がたりないようです。マムシグサの咲く季節なんですが なかなか見つかりません。以前に撮った辺りを探しているんですがね。絶種ということはないですよね。
     

    いいね

  3. ど~も~(拶)
    >アザミの花には蝶がよくやってくる
    来てますネ~(同) ・・・もうモンシロチョウ達はいなくなりましたYo。アゲハチョウも、最近じゃ見かけませんネ~(寂)
    >仲良しに見えますがほんとはどうなんでしょうね
    彼らはキチンと種族毎の分別が分かってますからネ。別所属のチョウがくんずほぐれず・・・ってのは見た事ないですし~。
    虫ならば共生するのはメリットがある時だけですからネ。夢のない結論ですが・・・お互い、気にならない存在なんでしょう(哀)

    いいね

  4. tamoさん こんばんは
    多分ノアザミだろうと思いますが、キク科アザミ属はたくさんありますので
    ほとんどアザミで納めてしまいます。分類は難しいですし覚えきれないからです。
    登山していても花や鳥を知っていると幅が広がって楽しいですよね。
    チョット知ってるくらいでいいんじゃないかしら。

    いいね

  5. 暇人さん こんばんは
    予想をたてて、後は「運」ですね。花も地に動かないで咲いているから見つけるのは簡単そうですが
    春の野草などは都合が取れないで遅くなっていくともう、終っていたりしてがっかりすることも多いです。
    樹木の芽ぶきなどもうっかりしていると出会えません。
    『今がそのとき!』と思ったら、それ行け!とばかり何をおいても出かけなければ、チャンスを逃してしまいます。
    全て一期一会かもしれませんね。
     

    いいね

  6. MI-YANさん こんばんは
    >くんずほぐれず・・・
    見てみたいものです!!先日はキジバト同士で首の辺りを噛んだり騒いでいましたが、同種はけんかするんですね。
    >お互い、気にならない存在
    そうですね、仙人の境地、我が家のようです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中