生態温室4 月桃

DSC09572

みなさんはこの花をご存知ですか
見た目から察しても 麗しい 魅力的な感じがしてきますね
南の地方に咲く『月桃』ゲットウです 開いた花の蜜を蝶が好んで寄り付きます

イシガケ蝶

生態温室を散策しているとイシガケチョウがhulalaの腕に止りました
しばらく動きません 汗を吸っているのだと思います 片手でカメラのシャッターを押す

コノハチョウ

先日のブログでコノハチョウを紹介しましたが
これは 翅を閉じた所です 枯れ葉にまぎれていたら わかりにくいですね
この日は閉じてばかりで開いてくれませんでしたので 正面からの写真はお預けになりました

午前は家庭菜園の土を掘り返し 手入れをしておき
去年蒔いたサヤエンドウは霜よけのササをはずし
日当たりをよくして おきました
アブラナが そろそろ食べられるようになって きたので 
美味しい青菜が食べられそうです

広告

生態温室4 月桃」への2件のフィードバック

  1. こんばんは
    「げっとう」というんですか・・初めて知りました。蝶が寄って来るようですが その蝶を食べてしまうということはないんでしょうか??
    腕に止まった「イシガケチョウ」・・「札幌の昆虫」には載っていませんでした・・・は 石垣島からくるという蝶とは 違うんですか??
    腕に止まったところを 上手に撮れましたね・・ファインダーは覗けなかったのでしょう??暇人の無骨な腕でもとまってくれるのかな??
    「コノハチョウ」は やっぱり日当り具合で色が変って 本当に枯葉のようですね。枯葉似紛れ込んでしまったら見分けがつきませんね。
    さっぽろは 明日は プラス8度まで気温があがりそうです。朝は 勿論 マイナス4度ですがね。お天気が良いので 出かけたいのですが  小鳥さんの写真整理もありますし・・・・痛し痒しです。
     
     

    いいね

  2. 暇人さん こんばんは
    月桃は蝶をゲットしますね、そして花粉を擦り付けてテイクアウトするのですよ。
    面白いではありませんか。
    石垣島産のイシガケチョウもいます、ぐんま昆虫の森では西表島の蝶として温室に放たれています。
    吸水して栄養を蓄えるらしいのですが 汗は栄養があるのかしら、疑問ですが蝶は 人の汗が好きらしいですね。
    朝は水呑場の器が氷が張っていましたが 日中は暖かく過ごせました。
    明日は又講演会です、「サクラソウとトラマルハナバチ」の著者の鷲谷いづみ先生の
    「花と昆虫の共生関係」ぐんま昆虫の森で 無料ですのでいってきま~す。
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中