ホタルカズラ

この花は 山の中腹にひとかたまりになって咲いていました
すごく目立つブルーの色

花は1.5cmくらい、その青色は「それはもう~」というくらい印象的な青で

一度見ると忘れない、魅力的な色合いの花です

名前は 『ホタルカズラ』 調べてみると どこにでもあるように書いてありますが
hulalaは生まれて初めて 目にしました

ホタルカズラ

 中心の白が浮揚って 星のように見えます
それに花の色が瑠璃色していてとても目立っています
 
同じ茎に赤紫の花も付いているのですが これが瑠璃色に変わるのかしら
そこのところは わかりません
何しろ一度見たら忘れられないいほど 強烈な 青の花色でした
 
DSC00640DSC00641
普通に見る限り オシベメシベは表面にありません
アサガオとおなじなのかなぁ
 
今日のこの驚きのホタルカズラ
皆さんもご覧になるとその青さに 心惹かれ
その様子をもう一度改めて見てみたいという 気になると思います
 
 
広告
カテゴリー:

ホタルカズラ」への10件のフィードバック

  1. こんばんは。
    花の咲く向きが エゾエンゴサク風ですが 全く違う花ですね。残念ながら 北海道でが 南の渡島半島(函館,松前)でしか見られないようです。
    「蛍蔓」・・生態を読むと 何か面白い花なんですね。お仲間の「ムラサキ」も北海道西南部でしか見られないトイウコトデス。残念ながら札幌では見られないようです。尾瀬の水芭蕉風景をTVで放映していましたが 西岡公園の水芭蕉は 終りかけています。仏炎苞は形が崩れ葉が大きくなってしまいました。
    チョット前までは仏炎苞が目立っていたんですがね・・。

    いいね

  2. 今晩は~♪
    ホタルカズラ 見事な青とのこと 又何処にでもあるとの事、
    是非見てみたいものです 但し植物音痴の私 見つけても判らなかったりしまして~><
    此処で良く覚えて帰ります♪
    ↓下のたんぽぽさんでさえ種類が多くて判らなくなる自分豚菜との区別さえつきません
    それにしても現在の日本の食糧自給率39%とは 大問題でございますよね
    これからの国際社会で日本の首根っこを押さえられているも同然
    ホントに早く手をうって少しでも自給率を上げて欲しいものです。

    いいね

  3. こんな葵い花が山の中腹にひとかたまりで咲いていたら・・・素敵ですね~~
    写真でも素敵なあおですが、一目実際に見てみたいものです。
    紫にも、心が惹かれます。
    韓国のどこかにも咲いているのかしら?

    いいね

  4. 暇人さん こんばんは
    エゾエンゴサクの色に近いですが ホタルカズラは少し濃い青だと思います。
    全国で見られるとあったのですが北海道の南までしかないのですか、少し残念に思います。本物を
    見て欲しかったのに・・・・。
    尾瀬は歌にあるとおり 初夏に水芭蕉が見られますが 今年は早かったのでしょうか。
    以前尾瀬の長蔵小屋に泊まったときに 水芭蕉の葉の天ぷらを食べましたが
    随分前のことですから 今は泊まっても食べられないでしょうね。
    こちらの水芭蕉も葉がジャイアントになっています。

    いいね

  5. koimoさん こんばんは
    ブタナは本当によくタンポポに似ていますね。
    ブタナは花茎が50センチにもなって背が高く なるそうで 名前が面白いですね。
    フランスでは「豚のサラダ」というそうで 豚が好んで食べるとか・・・
    自給率がこのままいくと ブタナのサラダを食べるようになってしまうかも(笑)
     
     

    いいね

  6. さらんさん こんばんは
    山でお花畑に出会うとうれしくなります。
    ホタルカズラを見つけたときも ドキドキしましたよ、今まで気が付かなかったのは
    多分 花の時期がカタクリやイチリンソウのように1週間くらいで 終ってしまうので
    なかなか出会えないのでは、と思うのです。
    春の花は春の妖精(スプリングエフェメラル)と呼ばれているように
    運がよくなくては 見られないのでしょう。

    いいね

  7. 春の花は春の妖精(スプリングエフェメラル)・・・なんか夢があって素敵ですね。^^
    そういえば、妖精の洋服の色みたい・・・

    いいね

  8. 「ホタルカズラ」 なるほど魅力的な花ですね。
    特に色が良い。
    大好きな色です。
    ホント実物を見てみたいですね。
    町田に咲いているものでしょうか?

    いいね

  9. さらんさん 
    春の妖精(スプリングエフェメラル)・・・名前がいいでしょう、そしてその通り春の短い間に咲いて消えてしまいます。
    咲いていますよ、と聞いて出かけるともう別な花に変わっているという具合です。
    山の木々が葉を出す前に 林の中で太陽の光を受けて花開くのです。
    花が終って葉が今度は「光合成」をして栄養を蓄えます。
    すごいと思いませんか、植物の大きな力を。
    人間は この植物から酸素をもらい 食料をいただき 生きていけるのですものね。

    いいね

  10. 風来仙人さん こんばんは
    日本中にあるというのですから 町田市も例外ではないと思いますが、
    咲いている期間が 1週間くらいだとすると なかなかお会いできないのではないでしょうか。
    観音様と同じくらいかな(笑)
    そういえば市鳥のカワセミさんに色が似ていませんか。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中