ツバメ

あちこちでツバメの話がでています
赤城山の養蜂業者の赤城養蜂園のおばあちゃまから聞いた話です
 
農業新聞にも<遠いとこから飛んできたツバメです 子育て中は見守ってやってください>とあったそうですが
敵が多くて 一人前のツバメになる前に やられてしまう雛が多いらしい
 
DSC01797  
雛が2羽います

DSC01773  親ツバメが餌を口移しで雛に与えていますが
あっという間に また 飛んで行ってしまいました

 
軒下に巣があっても ヘビが巣ごと締めて雛を食べてしまうそうで
その際に 巣から落ちた雛は親が見離して 餌を運ばなくなるようです
 
DSC01791
巣の横にある板に乗っている 少し大きい雛(だろうと思います)
 
ネコも屋根に上って 雛を狙っているそうですから ツバメも安心してられません
そんな話を 赤城の養蜂園で聞きました
 
DSC04216  DSC04218
こちらの4枚は去年 秩父で撮影した子ツバメです
DSC04227 DSC04225
親がホバリングしながら 餌を与えているところです

 

 
広告
カテゴリー:

ツバメ」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。
    ツバメは ニセコ 比羅夫で 撮ったことはありますが 札幌市内では 殆ど見かけません。昔は よく軒下とかで見かけたのですがね。
    ツバメの親は すごいスピードで飛び回りますので ついていけないですよね。巣に戻ってきても 一瞬ですもね。ヒナは 巣から顔を出しますので 何とか撮れるんでしょうがね。NHKの ドキュメントでみたような光景を 撮られていたんですね(去年も見たのかな??)。高い位置から撮っているようですが 2階,3階からでも撮ったのでしょうか。こんなシーンを 撮ってみたいですね。さっぽろは 快晴が2日続きました。予報がオオ外れのお天気です。
     

    いいね

  2. 暇人さん こんばんは
    今日もうっとうしい雨と曇り空です。
    去年のツバメの画像は宿泊したホテルが2階で
    そこから見下ろして撮ることが出来たのです。
    赤ちゃんツバメを見ますと口が顔いっぱいに広がっていて、大きいのがわかります。
    子どもが多ければ幼虫もたくさん必要です、幼虫を育てるには殺虫剤が使えません。
    命から命へつないでいるのが良くわかります。
     
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中