ギボウシ

里山へ入ると 木は葉を濃い緑にして
草は背丈を伸ばし 入ってくるのを じゃましているような気さえする
道では足元を カナヘビがちょろっと逃げる 歩いていくと前に前にと小鳥もにげる
小鳥の声は聞こえるけれど 茂った葉がさえぎって 見ることは出来ない
 
山ユリの茎の先には 大きくなった蕾が もう少しで咲きますよ と云っているようだ
アゲハの大好きな臭木の花も もうすこしです
 
DSC01842ギボウシ
◆ ギボウシ ◆
これからどんな花が開くのかな?
 
DSC01991DSC01992DSC02003
こんな感じに咲きました
 
DSC01843DSC01861マダラアシナガバエ♂
ギボウシの葉っぱの上に 小さな虫がいます
『マダラアシナガバエ』 翅に黒い斑紋があります 体が金緑色に輝いて脚の長い小さなハエです
滑り台と思っているのかしら
 
広告

ギボウシ」への4件のフィードバック

  1. 先日、工房の裏庭を歩いて戻ってきたら、自分から花のいい香りが・・・
    服に沢山の花粉がついてたけど、あの香りの強さはユリだったのかしら?
     

    いいね

  2. 里山は四季を通じて素敵です。楽しいです。
    huraraさん、今が一番緑の濃い季節ですネ。
    その濃い緑から出る濃い酸素の中を歩きながら花と虫の観察、いいですネ!
    マダラアシナガバエ・・・ですか?!珍しくはないのでしょうか?
    確かに小さな虫の、その美しさや機能性にあっと驚くことがありますよねぇ!
     

    いいね

  3. ばんびっけさん こんばんは
    あら~もうそちらは咲いていますか。
    びっけさんが香りを放ったら 周り中の誰でもがほっとかないでしょうに。
    無事でございましたか、安心しました。
    ユリの花粉が付くと落とすのが一苦労です、気をおつけあそばせ。

    いいね

  4. アゲハモドキさん こんばんは
    マダラアシナガバエは雑木林の周縁部の、日当たりのよい植物によくいるそうですから
    注意してみると見つかると思います。
    昆虫の機能はすごいな~とびっくりすることがおおいですね。
    チョウの羽模様にしても驚くことばかりです。
    昆虫に魅せられてのめりこむ人のことも わかるような気がします。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中