ナガコガネグモ

ナガコガネグモが網を張っている
DSC02268
このナガコガネグモは荒い作りの網でした
中央に帯のように張った目立つ網は「かくれ帯」と呼ばれている
 
DSC02269ナガコガネグモ 『ナガコガネグモ』
こちらも荒い網でしたが 左には獲物がぐるぐる巻きにされていたのです
近づいて写真を撮ると クモが移動をはじめてしまいました
 
クモの網には獲物は引っかかってしまうが クモ自身は網の上を歩いても
なぜ 足が粘らないのでしょうか 
 
DSC02331コガネグモ
このクモはかくれ帯を持っているのだけれど
上の2枚の「ナガコガネグモ」とは違うような気がします
 
ハンモック状に捕らわれた獲物はもがいてバタバタと動いています
逃げることができるでしょうか
 
林に入ると 顔にベターッとクモの糸が張り付いて 気持ちの悪い思いを何回もしています
いたるところにクモの巣があるのですが チョウやトンボなどよく引っかからないものだと
いつも感心しているんです
しかし 中には捕らわれてしまうものもいるんですね
 
DSC02257
かやぶき民家の畑には「ひょうたん」がなっていました
 
我が家の家庭菜園にもひと粒の種が芽を出して可愛いヒョウタンが出来始めています
ヒョウタンは 完熟したら 2週間ほど水につけて 種を出して
その後2週間ほど乾燥させてから 絵付けをして楽しみます
 
 
 

広告

ナガコガネグモ」への12件のフィードバック

  1. ひょうたん・・・懐かしいですね。
    小学生の頃、学校で育てていたような記憶がありますが・・
    韓国では、お酒を酌むときに使ったりしていますね。(お店で)

    いいね

  2. いつものパソコン不具合で他のパソコン(mac)からコメントです。クモもなかなか素敵な、いや興味深い「虫」ですね!虫と言っても、足が4対だから、昆虫ではありませんね!?いろんな種類がいるようだけど、やっぱり美しい巣をつくるクモが、らしくて好きですね?ひょうたん、大阪は豊臣秀吉の千成ひょうたんが超有名かな・・・

    いいね

  3. こんにちは。
    くもの巣に 引っかかって 首が千切れたトンボとか を 撮っています(趣味が悪いかな??。。アップはしていませんがね(笑))。
    蜘蛛の糸が 顔につくと 粘っこくて 取り外すのに大変ですよね。鳥を探して 上を見たままであるいていると 顔に ベッタリと付くことが多いです。
    虫除けネットをつけると写真が撮りにくいでしょうしね。なにか 良い方法を教えてください。蜘蛛の分泌物を 塗ると ふっつかないのかもしれませんね??
    ハンモック型のくものすを 良く見ますが 沢山 獲物が入っていても 底は抜けていませんね。感心しています。

    いいね

  4. 今日は。
    蜘蛛の巣をよく観察したことは無いのですが、『隠れ帯』はじめて見ました。
    ただ、放射状に延びた糸と円(渦巻き)の形をした糸のみでできていると思っていました。
    瓢箪・・。なんとなく、木にぶら下がっている姿が洋梨に見えます。

    いいね

  5. さらんさん こんばんは
    ヒョウタンは丈夫な植物で 去年ぐんま昆虫の森で作ったヒョウタンに種が入っていて
    自宅に持ち帰り種をカラカラと出したのが今年ひと粒大きくなって花が咲いています。
    父が元気なときに大きなヒョウタンにお酒を入れていましたよ。
     

    いいね

  6. アゲハモドキさん こんばんは
    Windows Live Writer を使っていた時に不具合がよくありましたが
    いまは使っていませんので ほとんど不具合は無くなりました。写真の容量はいかがでしょうか。
     
    美しい巣を作るのはオニグモやジョロウグモなどですね、皿網に雨粒が付いたときは
    とてもきれいですよね。狙いものです。

    いいね

  7. 暇人さん こんばんは
    >蜘蛛の分泌物を 塗ると ・・・・クモはなにやら足から分泌物を出してくっつかないようになっているそうですので
    それを塗ると良いかもしれません、が保障はいたしかねます。(笑)
    クモの生態も調べれば面白いのでしょうが なかなか勉強不足でかないません。
    今日は赤城山に久しぶりに出かけて「アサギマダラ」を見てきました。
    相方は88頭マーキングしたそうです。

    いいね

  8. いるかっちさん こんばんは
    洋梨だったら美味しいでしょうに、ヒョウタンは食べられないですね。
    もっぱら加工用に栽培するようです。
    クモの網は円網、棚網、皿網などと60種類もあるそうです。投げなわを使うクモもいるそうです。

    いいね

  9. 一番上のナガコガネグモは まだ若いのでしょうか? 3番目と比べるとスリムですね。
    ゴミグモの仲間は 小さいからかも知れませんが 見た目細かい網を張りますね。
    ナガコガネグモぐらいになると 細かい網で小さな虫を捕っても お腹の足しにならないかも知れません。
    うまくできてると 感心します。
    ところで カクレ帯って どんな役目があるんでしょう?

    いいね

  10. MaKiさん こんにちは
    >カクレ帯って どんな役目・・・・教えていただきたいくらいです。m(__)m
    隠れて獲物を待っているといっても、あの幅で隠れられるのかどうかも分りません。
    ジョロウグモのように真ん中に見えるようにいても 獲物がかかるのは 同じじゃないかと思うのですが・・・。
     

    いいね

  11. こんにちは
    懐かしい蜘蛛です。
    ナガコガネグモというのですね。
    子供のころ手の平に乗せて遊んだこともあります。
    そうですね、山に入りますと顔に蜘蛛の巣がかかりますね。
    懐かしい思い出をありがとうございました。
     

    いいね

  12. 感動を探す旅人さん こんばんは
    クモを手のひらにのせて遊んだのですか、以前ジグモの巣の
    土から出ている部分を引っ張って抜いたりしたことはありますが、いまだにクモを掴むことも出来ないのです。
    写真ならいくらでも撮れるのですけど(笑)
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中