アシグロツユムシ

DSC02848つゆむし
(クリックすると画像が大きくなります)

◆ アシグロツユムシ ◆

毎年お目にかかっているのですがいつも同じポーズで

アザミにのっています

DSC02849ツユムシ

目が大きくて触覚が長~いのです

DSC02869

前にもブログにアップしました「ゴイシシジミ」が同じところにいました

今日は3頭です アブラムシを食しているのでしょうか

左には姿が半分ですがアリが様子を見ているようです

蒸し暑い日です
夏が終っていないようです でも 風は秋風のような雰囲気です
急にすごく湿度が高くなったりして 汗が噴いてくる
体力が消耗するようなきがしますが
小さな虫たちはこのような気候に戸惑っているのではないでしょうか

 

広告

アシグロツユムシ」への15件のフィードバック

  1. ゴイシシジミというか、蝶の成虫は蜜を吸うストロー状の口しか持っていない筈なので、
    恐らくアブラムシが草の汁を吸った後に出す、甘い排泄物を頂いているのではないでしょうか?
    アリもそれを目当てにしているので、アブラムシの天敵であるテントウ虫とも闘って、アブラムシを守ります。
    園芸植物においても、アリとアブラムシの共生関係は意外と難敵です。

    いいね

  2. ゴイシシジミは 成虫でもアブラムシを食べるんですか?!
    チョウチョは 蜜を吸う口しか持っていないと思っていたのですが?

    いいね

  3. hururuさん、先日夜、家でテレビを見ていたら「それなりに大きいバッタ」が
    リビングテーブルに飛んできて、騒然となりました!
    みんな一瞬、ゴキブリと勘違いした訳で、バッタを確認して沈静化しました。
    が、家内や娘は苦手ですね。虫全般に!
    ツユムシがアザミに止まると、「絵になります」ね。

    いいね

  4. さらんさん こんばんは
    アシグロツユムシは足が長くて目がくりくりしていて
    絵になりますよ。
    近づいても逃げなかったですが、触れようとしたら 飛んでいってしまいました。

    いいね

  5. 頼基さん、MaKiさん こんばんは
    ゴイシシジミは食べているという表現はおかしいですね、訂正します。
     
    ササの葉裏のササコナフキツノアブラムシを口吻で吸汁しているようです。
    吸汁しているのはアブラムシの甘い排泄物かどうかは hulalaにはわかりませんが
    ゴイシシジミの幼虫は噛み付いてアブラムシの体液を吸っているようです。
    http://homepage3.nifty.com/ueyama/shubetsu/shijimi/goishi/goishi.html
     

    いいね

  6. アゲハモドキさん こんばんは
    夜に大騒ぎがあったのですね。hulalaも虫は大嫌いで
    父がスズムシやスイッチョを飼っていても興味もなく、触ることも出来ませんでした。
    いまでも家に虫がいると 相方にすべてお任せしてしまいます。
    可愛いとは思うのですが、・・・小さい頃から手にとっていないと出来ないのかも知れません。
    孫娘はミミズもカブトムシの幼虫も素直に触って喜んでいるのです。
     

    いいね

  7. こんばんは。
    足ナガオジサン みたいな ツユムシですね。こちらも バッタさんが バッタ,バッタと飛び跳ねています。こちらは 気温が28度まで上がったと思ったら 次の日は 24度と下がったりで 体調がおかしくなりそうです。トンボさんは すっかり バテているようで 暇人が 手を差し出すと 手のひらに止まって 翅を降ろして休んでいます。こちらが 休みたいくらいなんですがね。そんな中で 元気なオオルリボシヤンマがいました。マダラヤンマかと 一瞬 緊張したんですがね ザンネンデシタ でーす。暇人も そろそろ 夏の疲れが出てきたみたいで スタミナが 切れてきています。

    いいね

  8. 暇人さん こんばんは
    ツユムシさんは足が長すぎる気がしますが、それなりに役に立っているんでしょうね。
    こちらもバッタやイナゴがおおくなりました。ヤンマは飛んでばかりいて、止ってくれないので
    カメラの向けようがありませんが、北海道のヤンマは止ってくれるんですか。(変な質問ですみません)
    原っぱを見渡すと 翅の痛んだチョウも多くなっています。
    夏疲れにはお気をつけてくださいませ。

    いいね

  9. 「蜜を吸う口吻で アリマキを刺して体液を吸う」 はあるかもしれませんね、サシガメみたいに。
    チョウチョは吸蜜というのは 固定観念でした。
    体液を吸うのか オシッコ(?)を吸うのかは 確かめないと。

    いいね

  10. MaKiさん こんばんは
    >体液を吸うのか、排泄物の甘露を吸うのか・・・・・
    はい、機会があったら確かめてみますね。

    いいね

  11. 初めまして。
    他の方のブログのコメントで、アサギマダラの写真が目について、
    それに引かれてやって参りました。
     
    私は神戸在住なのですが、
    毎年、我が家の庭に、フジバカマが咲く頃、この蝶がやってきます。
    美しい蝶で、私は凄く気に入っています。毎年来るのを心待ちにしています。
    でも、こちらの写真ほども、色が鮮やかではないのです。
     
    それと、前のブログも見せていただいたのですが、
    そちらでは、こちらで見られない蝶が見られるのですね。
    クジャク蝶、ゴイシシジミなどなど、こちらでは見たことがありません。
     
    また寄らせていただきますね。
    次はどんな昆虫が見られるのか、楽しみにしています。

    いいね

  12. 白い花さん こんばんは
    はじめまして、ようこそおいでくださいました。歓迎!
    アサギマダラがお庭に立ち寄っていかれるのですね、素晴らしいですね。
    フジバカマやヒヨドリバナが好きなようです。
    長い旅をするチョウとして知られています。どのようなルートで旅をするのか、調べるためにたくさんの人たちが協力して
    調査をしているのです。そのような旅の途中で白い花さんのお宅へもお寄りするのだと思います。
    hulalaも初めてアサギマダラを見たときは感動でしたよ。美しいチョウです。
    透き通った翅でゆったりとしてひらーりと、飛んでいる姿は優雅でステキです。
     
    クジャクチョウは高原にいるチョウです。高原でチョウが飛んでいると
    なんともいえないほど気持ちのよいものです。
     
    その時々にチョウや昆虫、花など目に触れたのをのせていますので
    よろしかったらまたお寄りくださいませ。

    いいね

  13. こんばんは
    アザミは知っています。
    でも、上海にはありません。
    マツグロツユムシというのですね。
    このような虫も上海にはいません。
    いいですね。
    自然が一番とおもいます。

    いいね

  14. 感動を探す旅人さん こんにちは
    アシグロツユムシは目が大きいのでカメラ目線をします。
    目と目を合わせたまま語りかけます、ほかの人が見たら「へんな人」と
    云われそうです(笑)
    2番目の画像を大きくしてみていただくと前足の関節に穴のようなものが見えますが
    そこは耳になっているんですよ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中