永幡嘉之さんの講演会

DSC03535

よい天気が続いています
柿の木にはたくさんの実がなっていましたが
鳥が食べていないので これは渋柿なのかなぁ

DSC03536

一週間前に稲刈りを済ませた田んぼは きれいに干してありました

DSC03524 DSC03529

山形に住んでいる永幡嘉之さんの講演会があり 

近くて遠い ウラジオストックの自然と生活 昆虫や花の写真を 見せていただきました

 春から夏 そして秋 季節の移り変わりが 5日くらいで変わっていくように 早くすすむ

生活は何もないのが普通で たくさん取れれば保存食にして一年食べられるようにしておくという

ハマナスも花びらを摘んでジャムをつくるのだそうです

人口も少ないので開発されず 土地も以前のままに 自然が残されていて 日本で見られなくなってしまった昆虫なども

見ることができるそうです でも近年は若い人たちとの価値観の違いが出てきて 変わりつつあると話にありました

例として ビンなどは洗って何年も使っていたのに 最近はペットボトルが落としても割れないし軽くて便利ということで

使われるようになり 道路に捨ててあるのも めだつようになってきているようです

辺りの空気がきれいなようで 写真が澄んでいてとてもきれいでした

 

 

広告

永幡嘉之さんの講演会」への8件のフィードバック

  1. 韓国では渋柿をぐちゅぐちゅになるまで待って、それをスプーンで食べます。
    私は食べなれていないので、嫌いですが・・・
    ウラジオストックですか~
    ここにも世代が変わると共に、段々自然が犯されていくんでしょうね。
    もったいないですね。

    いいね

  2. 柿ですか、ここ中国の片田舎でも、今、柿とみかんが山積みで
    売られていますが、柿は韓国と同じなんでしょうか、下手に触ると
    皮が破けそう。で、みかんをつい買ってしまいます。この周りは
    造成地が多く、小山が沢山ありますが、ハゲ山で、自然に接しようと
    すると200kmくらい、走らないと。 自然破壊は進んでます。
    日本への食品や野菜は、この山東省からが多いようで、複雑な気分。

    いいね

  3. こんにちは。
    開発がされないと 自然はそのまま残っているんですね。昆虫さんは 進化しないでいるとは いいですね。
    渋柿を 小鳥さんが 啄ばんだら どんな(^_-)-☆をするんでしょうね??。もっとも,渋柿は 分かっていて 敬遠するんでしょうがね(^^♪
    こちらは 晴れでしたが 一日中 強風が吹き荒れ 小枝に停まった ハシブトさんも ぶれてしまいました・・・トホホホ<(_ _)>

    いいね

  4. さらんさん こんばんは
    渋柿を焼酎に漬けておくと甘くなりますね。時間がたつとぐちゅぐちゅになって
    とろとろになります。よく見るとあまり気持ち良いものではないのですが小さい時から食べ慣れていると
    おいしく食べられるものなんです。
    渋柿を干した干し柿もおいしいですね。

    いいね

  5. Hokalonさん こんばんは
    そちらの山はなぜはげ山なんでしょうね、足尾銅山みたい公害ではないのでしょう。
    造成のためになってしまったのでしょうか。山東省は野菜畑が多いのですか。
    柿はあまり保存ができないから買ったら早く食べないと腐ってしまいます。
    ミカンの方が長持ちしますね。

    いいね

  6. 暇人さん こんばんは
    ハシブトさんは残念でしたね。
    ウラジオストクの様子を聞いていると 北海道と自然の関わり合いがよく似ているのですね。
    それに花や昆虫のチョウなども。
    今日はよく晴れていましたが少々風がありました。洗濯物がよく乾きました。(*^_^*)

    いいね

  7. hulalaさん、渋柿の渋みは自然な状態で甘みに変化するのでしょうか?
    以前、熟しきった渋柿をかじると、一瞬「めちゃ甘、激美味」
    次の瞬間、なんとも言えない渋さが口いっぱいに広がって難儀したことがあります。
    文明って結局、便利・楽ちんの追求ですね。モノを大事にしなくなる。
    しかし今時、使いもしない瓶や箱、紙袋や包装紙を大事に残しておいても
    結局ゴミになることも多いですが!?

    いいね

  8. アゲハモドキさん こんばんは
    渋柿が熟すとジュクジュクな甘い柿になるようですが
    ヘタのあたりがイゴイ感じですね。まぁ甘くなるまで木にあると鳥にほとんど食べられてしまうのでは
    ないでしょうか。田舎の人たちは必ず実をいくつか鳥のために残すそうです。
     
    >便利・楽ちんの追求・・・の渦の中にいると 瓶や箱、紙袋や包装紙をいつかは使うかも知れないと
    とっておいても 見栄えが悪くなったりして今の時代には利用されませんね。
    どんな物でもほとんどが買って手元に来たら使っているうちは利用価値はあるのですが
    すべてゴミ同然だと思っています。今はゴミを引き取ってもらうにもお金がかかる時代です。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中