秋色のぐんま昆虫の森

DSC03534(1)

ぐんま昆虫の森もすっかり秋色になりました
 
ぐんま昆虫の森は県立の施設で この建物は建築家の安藤忠雄さんによるものでして・・・
ですから とても費用がかかっています
そのうえ 西表島のチョウの生態温室は維持費がかかるので 問題になっているわけでして・・・・
存続が危ぶまれているんですね
 
里山は草刈りなど 人でもかかりますがほおっておくと里山では無くなってしまいますし
 
このところ 新聞などでも取り上げられていて
ぐんま昆虫の森 も厳しいようです
 
売上を上げるといっても 中学生以下は無料で ほとんどが小学生の来園ですから―ーー
 
DSC03530
【どんぐりと青空】
 
DSC03517
ひっつき虫の【コシロノセンダングサ】
 
DSC03540
【カントウヨメナ】
 
 
広告

秋色のぐんま昆虫の森」への14件のフィードバック

  1. 実情は大変なんですね。
    でも、こういう自然が残っていると言うのは、お金で返られない財産ですよね~
    私はどんぐりの写真が気に入りました。
    可愛いどんぐりですね。

    いいね

  2. hulalaさん、このカントウヨメナって、なにか名前の由来がありそうな?
    可憐な花ですね。 日本を代表する安藤さんの設計なんですか、、、。
    黒川紀章さんには、その昔、同じビルで働いていましたので、ちょっとだけ
    タジキスタンかウズベキスタンの広大な計画をお聞きしたような記憶が、、、。
    でも、こんな施設も作るのが安藤さんらしい、、、。

    いいね

  3. こんばんわ。
    早速、紅葉狩りにお邪魔しました。
    群馬も秋ですね、なんて書いて、よく考えてみたらすでに10月下旬じゃないですか !!
    すすき揺れ 紅葉が燃える 秋の空
    天高く ドングリ太る秋
    などと、しかし、これは亦、でっかいどんぐり君ですねぇ。

    いいね

  4. hulalaさん、こんちゅうの森にも安藤忠雄ですか?
    やっぱりコンクリートの打ちっぱなしに鉄骨むき出し?!
    発想の豊かさ、空間や素材の使い方、偉大な建築家なんでしょうが・・・
    生活に密着するような建物には?がつくこと多いような気がします。
    偉そうなこと言ってスンマセン。
    ひっつき虫かぁ、ほっとする風景です。

    いいね

  5. こんばんは。
    そちらも めっきり秋色ですね。こちらは 葉が落ちた木が目立ってきました。公園の散策路が 落ち葉絨毯で 地面がすっかり隠れてしまいました。
    昆虫の森に こんな鉄骨ドーム・・蝶の生態温室ですか。それと ススキとは珍しい秋の光景ですね。
    ドングリと青空・・すばらしいショットですね。こちらは快晴で暖かくなっています。朝から エゾリス観察で エゾリスさんとすっかり お友達になりました。
    きょうは エゾリスの鼻先までちかより ズームなしの 標準レンズで接写してきました。

    いいね

  6. ”コシロノセンダングサ”って、、どれでも白い花びらを付けているのですか。
    私は、花びらが落ちた状態の黄色のぼんぼりのようなのをよく見ます。
    たま~に、白い花びらを付けたのを見たことがあるのですが、別物かと思っていました。
     
    群馬で、西表島のチョウの生態温室ですか。
    なにかこう、場違いというか、やり過ぎというか、そんな気がしました。
    せっかく作ったのですから、維持して欲しいですが。
     

    いいね

  7. 懐かしいです。
    すすき、どんぐり、名前は知らなかったのですがコシロノセンダングサですか。
    ぐんま昆虫の森は有料なんですね。
    維持費がかかりますから、上海植物園の入場料が約500円かかります。
    日本はすっかり秋の季節ですね。

    いいね

  8. さらんさん こんにちは
    今はドングリも知らない子供がいますね。
    自然の風景や木や花、昆虫を見せてやるのは親がそれとなく伝えていかなければ
    知らないままになってしまいます。いろんなことにぶつかった時、力になってくれるのは
    自然の力だと思います。子供が興味を持ってくれるといいのですが。

    いいね

  9. Hokalonさん こんにちは
    西では嫁菜が紫色で食べるのに比して関東嫁菜は白っぽくて食べないそうです。
    どこが違うのかわかりませんけど。
    黒川紀章さんとお知合いなんですか、ユーモアのある方だなと思っていました。
    有名な方の建築はすごいのだろうとしかわかりませんが
    ぐんま昆虫の森の本館は3階が入り口で蝸牛の様な動線になっているので
    いつも迷子になりそうなんです。散歩で利用するのは里山です。
     
     

    いいね

  10. 風来仙人さん こんにちは
    本格的な秋なんですよ。いつの間にやら ね~。
    秋が来ればすぐに冬、冬支度もそろそろ始めなくては・・・・(まだ早いかしら(*^^)v)

    いいね

  11. アゲハモドキさん こんにちは
    >コンクリートの打ちっぱなしに鉄骨むき出し・・・鉄骨はむき出しではありませんが
    コンクリートが目立ちます。 中の装備品に至るまで肝入りだそうで、大変ですね。
    ボールの一部を切り取ったようなガラスの天井は三角形をはぎ合わせて出来ており
    その三角形は4枚重ねで、すべて寸法が違うそうです。
    考えただけでも頭が痛くなってしまいます。(hulalaが頭を痛めてもしょうがないのですが)
    主婦が考えたことはそのガラスが汚れたらどう、お掃除をするのかということでした。
    掃除の予算はないそうです。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

    いいね

  12. 暇人さん こんにちは
    エゾリスさんと遊べるのですか、うらやましいですね。
    リスの食事は見ているととても忙しそうで、目が回りそうです。
    そんなに近くに寄れるのも暇人さんが安全な人と分かっているからなんでしょうね。
    こちらもだいぶ冷えてきましたが、昼ごろはきつい太陽の日差しでしたよ。

    いいね

  13. 白い花さん こんにちは
    コセンダングサなど 普通は中央部の黄色く見える筒状花がほとんどですが
    コシロノセンダングサのように周辺に白色の舌状花を花弁のように見かけますね。
    この日はコシロノセンダングサの花がちょうど見ごろであちこちで白い花を見つけました。
    子供のころは摘んで相手に投げ、いくつ くっつくかなんて遊びをしていました。

    いいね

  14. 感動を探す旅人さん こんにちは
    利用者負担は仕方ないと思いますよ。気持ちよく使わせていただくのですから。
    普通の山は危険で一人では歩けないですから、管理されているからこそ、安心して
    女性でも一人で山に入れるのです。
    季節の移り変わりも早く(年齢が行くと余計に速くなりますね)もう秋の紅葉。
    旅人さんが日本に来た時からもうすぐ一年になるのでしょうか!
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中