風に乗って

ガマの穂綿

「いなばのしろうさぎ」という昔話に
 
うそを言ってだましたためにワニザメに赤はだかにされてしまったウサギが
苦しんでいるところを
通りかかった大黒様に 教えてもらって
ガマの穂綿に包まれるとウサギは元の白ウサギに戻れたというお話があります
 
この昔話も調べるといろいろ深い意味があるんです 
 
さてこのモコモコでふわふわしたガマの綿毛は気持ちいいでしょうね
昔はこれを布団の中身に使って綿の代用にしたと 聞いたことがあります
 
もう飛び立つのに準備万端のこのガマの穂は 強い北風が吹けば 旅が始まりますね
 
 
 
 
下の写真の綿毛は田んぼの横にあったのですけど
 なんだかわからないのです なが~い羽をつけた種子です
羽の長さは4センチほどありました
手に持って飛ばしてみると ふわ~ と風に乗って飛んで行きました
 
 ゆったりとしていて
一緒に飛んでいきたいような気がしましたよ
広告

風に乗って」への6件のフィードバック

  1. おはようございます。こちらの ガマノホは サスガに痩身になっていて 暖かそうではありません。そちらは これから種が飛んでいくのですか。ところ 変われば いろいろと変わっているんですね。今朝は 冷え込みが厳しいです。そんな朝でも,ツグミ,シメ,シジュウカラが やってきています。寒いのか 体を膨らませて 十数羽が 枝に止っています。今日明日は 野暮用が続きます。寒いと 家を出るのは 億劫です(^^♪

    いいね

  2. hulalaさん、ガマの穂ってこんなに「ほぐれたところ」をゆっくり見たことはありませんでした。「いなばの白兎」にはなりたくありませんが、穂綿になって飛んで行きたいと言う気持ちは分かるような気がします。景気の悪化でリストラに怯える「サラリーマンもどき」の心境は・・・もう焼けのやんぱち、日焼けのなすび。私はガマの穂綿だよ風まかせ・・・かな。

    いいね

  3. ガマの穂綿を初めて見ました。近くの河原にもたくさんガマが生えていますが、冬に見たことがなかったのです。今週末にでも散歩に行ってきます。(ただし途中まで車ですが)最後の綿毛の写真、とっても綺麗ですね。なんの種なのでしょうね。お手玉、懐かしいですね。私も母に作ってもらった記憶があります。昔のことが懐かしくなるのは私もです。年なのでしょうか?諦めずに、散歩できるように鍛えますね。

    いいね

  4. 暇人さん こんばんはお仕事なんですね、お疲れ様です。hulalaは毎日が日曜日なので、家でいつもゆっくりしています。たまに早く出かけなければならないときは大変です。特に寒い日は出たくないですね。でも明日は午前、午後、夜と3部門の用事があるので、気持ちを切り替えなければと思っています。次の日は餅つき会があり、月曜は 昼、夜のお稽古があるのです。ああ 頑張らねば・・・・(+_+)

    いいね

  5. アゲハモドキさん こんばんは穂綿も風に乗ってどこに行くのかわかりません。けど旅立たなければなりませんね。降りたところが生きるところです、でも水がなければアウトです。hulalaもアチコチ ふらふら 風に流されていま~す。

    いいね

  6. 白い花さん こんばんは今頃のガマの穂は美しいとは思えないのですが、ものすごい数の種が飛んで、子孫を増やすことを考えるとその生命の強さを感じますね。植物も昆虫も観察しているとすごいオーラを受けるのですよ。なんだか嬉しくなったり、体に力が湧いてきたりして、一人でニヤニヤしてしまいます。だって、そんな風になる気持ち誰にも言えないのですよ、いえば変な人なんて 笑われてしまいそうですからね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中