ヤマユリとハラビロトンボ

ぐんま昆虫の森へ久しぶりに行きました

待っていてくれたのはユリの花です

DSC07485

横顔だけではつまらないですね

DSC07497 DSC07496

雄しべの花粉がなくなっているのもあります 虫が来て運んだのでしょうか

 DSC07483 DSC07495

花の香りが一面に広がっていて 近づくと匂いが強く  むせるようでした

 

「バッタの原っぱ」にはハラビロトンボがいました
ちょっと小型のグラマーな体形

 ハラビロトンボ♂ ハラビロトンボ♂

正面から撮った前額には とってもきれいなブルーの色が

まるでトルコ石の宝石のようでもあり びっくりしました

広告

ヤマユリとハラビロトンボ」への13件のフィードバック

  1. 見事! 見事! むせるほどの臭い分りま~す。以前 富士宮に半年住んだとき家の横が沢になってて・・・そこで体験しました。でも、このフォトでは 素晴らしいです。きれい。トンボも気持ち良さそう。

    いいね

  2. ヤマユリが咲き出すと、夏真っ盛りですね。これだけ咲いていると、香りも相当な物だったでしょう。乱獲で減ってしまっているので、大切に守っていきたいですね。ハラビロトンボは繁々と観察したことがないのですが、お腹より、顔の方が色が鮮やかですね。

    いいね

  3. 武田フーさん こんばんは香りの強いユリの匂いにむせる体験をなさったのですね。参っちゃうような匂いですよね。山のあちこちに咲いていてユリの中で蛾が死んでいるのもありました。むせたのでしょう。これからトンボもおおくなりますね。昆虫が活躍する季節です。

    いいね

  4. 頼基さん こんばんは梅雨が戻ったような陽気ですが真夏の花のヤマユリはこの天気をどう感じているかしら。山でヤマユリに会うとうれしいものです、無くしたくないですね。ハラビロトンボは今回初めて顔を撮りましたが、きれいなのには驚きました。ブルーの下の口元はきんいろのようですよ。ぜひ見つけて御覧になってくださいね。

    いいね

  5. ご無沙汰でーす^^山百合が野原で見られると醍醐味がありますね。この花に魅せられて山百合の球根を購入するとこちらは雪が降る季節でないと届かないのですよ。何年か失敗しながらやっと咲いた時のむせるような香りを思い出しました。こちらはジャガイモの花が満開で車の窓を開けると同じむせるような香りが車内に届きます。トンボさんのトルコ石のような額、美しいですね^^。

    いいね

  6. koyukiさん こんにちはジャガイモの花の香りは知りませんでした。見渡す限りのジャガイモ畑の北海道ならではのようですね。香りや匂いは体で知るためか、ふとした拍子に思い出して記憶にしっかりと残りますね。ヤマユリを育てたことがあるんですね、hulalaは百合根を食べたくてオニユリを育てました。でもヤマユリのほうが球根が大きくていいんですが、なかなかヤマユリも年数が掛かりますので百合根は買って食べることにしました。

    いいね

  7. こんばんは「ハラビロトンボ」は 初めて見ました。きれいな トンボですね。そちらでは 普通に見れる トンボなんでしょうか??コチラの さっぽろ昆虫図鑑には 登載がありませんでした。正面からの写真 素敵ですね。ぜひ 実物を見てみたいものです(*^_^*)

    いいね

  8. むせ返るような甘い匂いが、伝わってきます。これは野生の百合ですか?綺麗な瑠璃色ですね。みごとにそれを写し取っているのが、すごいです!!!

    いいね

  9. アカゲラさん こんばんはさっぽろ昆虫図鑑にないとすると本州だけなんでしょうか、よくわかりませんがこちらでは普通に見られるようです。トンボ類に比べると飛び方がゆっくりだったような気がします。後ろ向きを撮っていたら飛んで行ってまたその近くの葉に正面を向いて止まってくれたのです。うれしかったですよ。

    いいね

  10. 白い花さん こんばんはぐんま昆虫の森に自生しているヤマユリで、とびとびにあるのと まとまっているのとあります。散歩の道沿いには茎が弓のように反って花を重そうに支えています。花が重いのに茎が細いのですからそうなりますよね。ハラビロトンボは正面から見たらほんとにきれいでした。ちょっと太めなのですぐにわかりますよ。

    いいね

  11. hulalaさん、天気がぱっとしませんね。そんな中、ホームグランドへ足を運ばれたのですね。ヤマユリ、なかなか迫力があります。豪華にも見えますね。代わってハラビロトンボは小さくて一見地味です。けど、良く見るとhulalaさんがおっしゃるようにとても深い青い色が宝石のようです。hulalaさんが驚くその深い色の目に吸い込まれて、小さな虫たちは餌食になるのでは・・・?!

    いいね

  12. アゲハモドキさん こんばんはコメ返、遅くなりました。孫が来ていましてPCに触れませんでした。すぐに寄ってきて”遊んで~”といって離さないのです。それに食事の用意でめまぐるしい。ヤマユリはこの時期、花の女王といったところです。美しく魅力的です。ハラビロトンボは初めて気付いたのですが青の色に感動しました。トンボも大きな鋭い口で虫をとらえていますね。これからもこの年になって、といわれながら、昆虫を見つけていくのではないかとワクワクしながら楽しみになっています。

    いいね

  13. ハラビロトンボ雄の顔は達磨さんが
    青い帽子を被った顔に似ていて驚きです。
    未熟なうちは雄も雌も体色は黄色です。
    でも,腹端の様子で雄雌が分かります。
    雌は2本の突起物の間に半円状のものがあるからです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中