カラスウリ

サルスベリ(百日紅)が燃えるように咲いています

DSC08039

カラスウリの雌花↓

花筒の下に子房が膨らんでいるのが雌花 

カラスウリ

普段目にするときはこのようにしぼんでいます

夜8時ごろから咲いて早朝にはしぼんでしまうので咲いている姿を見るのは難しい花です 

 

以前に咲いているところを写そうと7時半ごろから近くの藪に出かけたのですが

これが大変でした 蚊が大量に襲ってくるので落ち着いていられない

三脚を立てて フラッシュをたくと 白いので光ってしまい きれいに撮れません

 

そこで一昨年、家で観察しようと思い サツマイモのような根を庭に植えたのです

そしたらはびこってしまい オス花ばかり多く(雌雄異株) メス花は高い木の枝に咲いてしまって・・・

そこでつるを切って花瓶にさして開くのを待ちました

カラスウリ

天女が舞っているように見えます

なぜこういう姿になるのか不思議でたまりません

夜に白い優雅な花びらを開き ポリネーター(スズメガ)を呼び寄せる

こんなに美しいとポリネーターもほっとけないでしょうね

 

みなさんがよくごらんになるのはカラスウリの実の姿だと思います

DSC06520   OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日2008年10月

10月ごろに赤色の目立つ色になって 今度は鳥さんに種を運んでもらうのでしょうか

 

広告

カラスウリ」への12件のフィードバック

  1. こんにちは。サルスベリはピンクと白が咲きほっこて散歩すると目にしますね。カラスウリはおっしゃる通り実しか見たことがありません。開花すると見事ですね~ レースのモチーフにも見えますが・・・香りや形は自然界の中では意味がありきっと呼び寄せる手段なのでしょうね。美しく不思議な花ですね。

    いいね

  2. hulalaさん、百日紅は花の少ない時期の庭木で目立ちます!目立たないのはカラスウリの花。山や川の土手などで、確かに葉が落ちた秋の風景でよく目にしますが、花は目にしませんね。と言うより、まだ本物を見たことありません。実からは想像できない白くて繊細な花ですね!

    いいね

  3. 武田フーさん こんばんはレース糸のような花びらの糸は魅せられてしまいます。とってもきれいです。自然界の不思議さに美っきりしてしまいますね。

    いいね

  4. アゲハモドキさん こんばんはカラスウリの花は現物を一度知るとあちこちに繁茂しているのでわかります。それはしぼんでしまった花で開いた花は夜の花なので8時過ぎの暗闇では見つけることは難しいでしょうね。でも一度は見てやってください。好みもありますがきれいな花です。

    いいね

  5. クサギの花、ナナフシのところですよね。見ていたのに忘れていました。ごめんなさい。でも、あの花は近くでは見たことがないような気がします。また、よく見ますね。カラスウリの花は幻想的ですね。私も花が見たくて、種をもらって植えたのですが、ツルばかりはびこって花はいっこうに見ることができません。ときどき、枯れたような茶色のものが付いているのですが。毎年、そんな感じなので諦めて今年は引っこ抜いてしまいました。それでも、何本かツルが伸びていました。もちろん花が咲くほどではありません。また来年、チャレンジしてみようかな???

    いいね

  6. おはようございます。「カラスウリ」は 夜に咲くはなですと 撮影が 大変ですね。藪蚊が 血の匂いを嗅ぎつけて 沢山 寄って来るのでしょうね(*^_^*)暇人の 腕は 首筋は 真っ赤に腫れあがっていますよ。どうぞ 防禦をしっかりなさって 撮ってください(*^_^*)

    いいね

  7. 好奇心旺盛なhulalaさんこんばんは!わ~~~珍しいお花ですね!ハイ!天女が舞ってるようです^^。アイディアもなかなかです。月下美人のように香りはありますか?植物には雌雄異株が多いですけれどkoyukiは柳の雄花と雌花の区別が解る様になりました。胡桃の雌花とかハンノキの雌花(これらは同株)など知るとノッパラ歩きも楽しさ倍増しますね。

    いいね

  8. 白い花さん こんにちはカラスウリは種を植えると花が咲くまでに時間がかかるようです。養分の溜まった根っこを植えると翌年からすぐに花が咲きます。丁度サツマイモの形をしています。カラスウリの花のレースのような糸をつぼむときにきれいに中にしまってしまうのもびっくりです。なんではみ出さないのだろうって思ってしまいますよ。

    いいね

  9. アカゲラさん こんにちは暇人さんお見舞い申し上げます。hulalaがそんなに刺されると入院なんてことになってしまうかも知れません。いろんな虫に刺されて弱虫になりました。(-_-メ)お盆が過ぎたらとたんに冷たい風になって秋のような感じです。季節の変化が速すぎるようで・・・年齢のせいかしら。

    いいね

  10. koyukiさん こんにちはアイディアをほめていただいてありがとう。すべて見たい一心でございます。香りはほとんど気になりませんでしたから、それほどでもないのでしょうね。柳の雌雄の区別ができるなんてすごいじゃありませんか。知っていると楽しみは増しますね。ほとんど虫も鳥もわからないhulalaは興味だけでもワクワクしています。

    いいね

  11. そうなのですか。花がすぼむときに糸が全部中に花びらの中に入ってしまうなんて、不思議ですね。ますますこの目で見たくなりました。どこからそれを手に入れればいいのでしょう。山に入って見つけるのですか?雌株だけを植えればいいのですよね。雌雄の根っこは区別できるのですか。それとも、まだ庭に残っているのを大事にそのまま育てるのが確実でしょうか。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中