キンモクセイ

運動会が近づくとどこからともなくキンモクセイの香りが漂ってくる
う~~ん いい匂い
 
散歩の途中で見つけた 赤色のガマズミの実がきれいだ

 
同じ赤でもこちらは 彼岸花

ソバ畑のソバの花も盛りです

もうすぐ新ソバが食べられますね

強烈な濃いオレンジは「コガタスズメバチ」 クワバラクワバラ

強い色ばかりでしたので ウラナミシジミの姿で目を休めていただきましょう

 

 

 

広告

キンモクセイ」への12件のフィードバック

  1. こんばんは。キンモクセイが咲いてるんですね。こちらではまだのようです。いつも花より香りで気がつくフーです。彼岸花が見事に沢山咲いてきれいですね。私も、新そばが早く食べたいで~す。これから暫くは蜂に気をつけないと・・・以前刺されたことがあり必要以上に恐怖を感じます。

    いいね

  2. こんばんは。こちらは 小,中学校の「秋の運動会」はないのですが,高校になると,秋は 体育祭,文化祭と行事が多くなります。彼岸花・・・すごいですね。こんなに咲いているのは こちらでは 見かけたことがありませんです。気候の違いでしょうかね。こちらでは,鮭の遡上が始まっており,先日行った パークゴルフ場の傍を流れる 漁川にも 沢山の鮭が 遡上してきていました。なもんで,パークゴルフは 途中で 抜け出して・・・・(*^_^*)

    いいね

  3. hulalaさん、今年もキンモクセイの季節ですね。あの甘い香りは秋そのものです。彼岸花のあのキツイ赤色も、彼岸花らしさといえば、らしさですね。ウラナミシジミは南の方で冬を越し、春から秋まで発生を繰り返しながら北上します。でも、結局北国では冬を越せないらしいです。なぜか、さみしい物語ですが、地球温暖化で変わるかもしれませんね。

    いいね

  4. キンモクセイっていい香りがしますね。私も好きな香りです。彼岸花も所々に咲いていますが、これほど群生しているところは見たことがありません。ちょっと前までは夏だったのに、今はすっかり秋という感じですね。そろそろ「クールビズ」もお終いかななどと・・・。

    いいね

  5. 武田フーさん こんにちはハチに刺されたことがあるんですか、経験者は恐怖感がぬぐえなくて近寄りませんね。hulalaはチャドクガに刺されてから6月7月8月はなるべく道を外れないように山道を歩きます。いつ刺されるか心配であの思いは2度としたくありません。新ソバ、特に秋のソバはおいしいですね。

    いいね

  6. アアゲラさん こんにちは所変わると行事も違うのですね。でも中学は体育祭といい、文化祭も華やかです。パークゴルフをしていても落ち着かないのでしょうね(笑)北海道の自然は計り知れないほど豊富だということが鮭の遡上のの写真で再確認しました。

    いいね

  7. アゲハモドキさん こんにちはウラナミシジミは渡りをするのですか、寒くなると南に戻るのかしら。勉強不足が否めないhulalaとしては鳥も昆虫もモドキさんはよく御存じなので頼りにしています。よろしく!

    いいね

  8. 風来仙人さん こんにちはお久しぶりです。ご無沙汰しているうちに夏も終わってしまいましたね。hulalaは夏の間、体調がいまいちでしたので、あまり出かけられなかったのですが風来仙人さんのブログで伊豆旅行記をみて、良い旅行をなさっていたみたいなのでまた続きを読ませてもらいますね。

    いいね

  9. 金木犀の香りがききたいです^^。彼岸花も綺麗ですね。hulalaさんは品のよろしいお写真ばかりでhulalaさんみたい(*^-^)ノ 。こちらはガマズミよりオオカメノキが多く目に付きます。シジミチョウもさすが昆虫博士らしいショットですね^^。今は14℃寒くてストーブを入れました。

    いいね

  10. hulalaさん、ウラナミシジミは正確には渡りをするワケではありません。ウラナミシジミは春から秋にかけて、何度も発生します。つまり温かい間に世代を重ね、新しい世代は北を目指して生息域を広げるのです。ところが、元来南方系のシジミチョウなので、北を目指した世代は現地で冬を越せないのです。と、昔、図鑑の解説を読んだ記憶があります。

    いいね

  11. koyukiさん こんばんはもうストーブの出番ですか、さすが北海道!こちらも来月あたりから炬燵が必要になりそうです。毎日が早くて、これも年齢に比例するそうですが・・・60歳なら60Km、40歳なら40Km,のスピードのごとく日の過ぎるのが速く感じるそうです。koyukiさんが山に行っている時は時が止まっているんじゃないですか。

    いいね

  12. アゲハモドキさん ありがとう長い時間をかけて北を目指して、子孫が北のほうで生活できるように変化して行くんでしょうね。何のために生きるか・・・子孫の繁栄のため、人間も地球を破滅に追い込まないでほしいものです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中