熊野詣と伊勢参り

みなさん! 私も片道800キロ走りました。高速道路を渡り継いで、延々と走るばかり。

太田藪塚ICの北関東自動車道に乗ってから 関越自動車道 上信越自動車道 長野自動車道 

中央自動車道東海環状自動車道 伊勢湾岸自動車道 東名阪自動車道 伊勢自動車道 

紀勢自動車道 を渡り継いで三重県の大内山で降り

今度は国道42号線を山越えしながら尾鷲通過して ウミガメで有名な紀宝町を通って 

やっと那智勝浦に着きました。

 

といってもバス旅行で私が運転していったわけじゃないのですから 寝て行っても着きましたが・。

でもね 乗っているだけでも楽じゃないのですよ,朝の7時から夕方の6時まで11時間です。

ハワイまでだって飛行機は9時間で行きますよね。

今日初めて立ち寄ったところは 熊野速玉大社です。でもすでに5時過ぎていて

お店も閉じていたし、隣にある佐藤春夫記念館も閉館していた。

 

 熊野速玉大社 熊野速玉大社ナギの大樹 佐藤春夫記念館

「ゆったり湯めぐり熊野伊勢へ」ツアーなんですけど~忙しいのですよ。

一泊目は和歌山県 那智勝浦 浦島温泉へ、船で5分くらいかな、到着

浦島温泉の忘帰洞の湯はたしかにテレビで見てるような洞窟で、海が目の前なんですね

温泉の泉質が草津温泉と同じ硫黄泉で肌の弱い私には合いません、それでカラスの行水でした。

食事はバイキング、何と200人くらいが一度に食事するのですからごった返すというのが

ぴったりでそうぞうしくて落ち着いて食べられなかった~。

 

翌朝また船でバスターミナルまで、バスに乗り換えて今日は熊野詣です。。

8時15分、飛瀧神社の階段を上って降りて 那智の滝へ、観瀑台があるのですがそこからほんの少し

上まで上がるのに300円かかる。せっかく来たのだからと、いう気分にさせるところが商売ですね。

そこには延命長寿の水がありそれを飲むのにまた100円、なんだろうね こういったことは・・?

 

バスで5分ほど移動してまた息切れしながら階段を上る、

熊野那智大社へまたまた階段470段フーフー。

此処には八咫烏の銅像があった、熊野権現の使いと言われている三本足の烏です。

大社の横にある青岸渡寺から那智の滝を見る。西国三十三所観音巡礼の第一番札所です。

   那智の滝 熊野那智大社 那智大社のヤタガラス

 青岸渡寺灯篭から那智の滝を大門坂の南方熊楠の滞在した旅館跡

  大門坂大門坂大門坂おりて首の動く鹿 

下りは熊野古道をほんのちょっと歩いてみる、大門坂という道です。

自然石が敷き詰めてある階段で、大きな杉の木が両側に立っている。

 

今度は熊野川を上流へバスで走り 熊野本宮大社

もともとは熊野川の中州に造られていた本宮大社が今は山の中腹に建っている。

落ち着いた静かな雰囲気の熊野本宮大社でした。

 熊野本宮大社 熊野本宮大社 熊野本宮大社

山門から写しました、ここから先は撮影禁止です。

 

新宮から尾鷲を通過して伊勢市、英虞湾の見える賢島へ 静かなホテルでしたがなんだか人けが

少なすぎてやっていけるのかなぁと心配になってしまいました。(余計なことですけど)

ホテルも温泉もニーズに合ったやり方をしないと置いていかれちゃいますね。

宿泊していて気になるのは、食事をとっている間に布団をひいてくれることですが、

それはとても変です。

留守の間に別のカギで開けられてしまうというのがなんだか納得いきませんねぇ。

 道の駅マンボウ   賢島の夕日英虞湾 

 

話はそれてしまいましたが 

3日目

二見浦へ、夫婦岩の鳥居の向こうには鵜が鎮座されていました。ウゥゥゥ・・・・。

 夫婦岩 夫婦岩の鵜アマテラスの岩屋

伊勢参りは

バスが内宮へ着くとお店の案内人が待っていて

案内をしてくれましたが、さすが長年毎日案内しているだけあって話が飽きないし、ギャグも上手い。

1時間歩いて歴史の勉強、式年遷宮が平成25年にあるので橋が新しくなっている。

 鳥居1・宇治橋 食事を作る所 皇大神宮への階段・群馬の三波石 金色の屋根・内宮式年遷宮H25年五十鈴川

皆様もご存じでしょうから細かい話は省きまして

お昼は名物「伊勢うどんと手こねずし」 こしのないうどんは(胃に負担をかけないためとか)

汁は無くて甘辛い醤油がかけてあって

じこじこと箸で口へ・・・・手こねずしは なんだか鉄火丼のような感じでした。

赤福・度会茶の番茶280円

それからおかげ横丁を散策、有名な赤福を食べて つかれたーーー今日は13000歩。

あとはもうバスに任せてひたすら帰ってまいりました。

つっ、疲れ~~ました。

 

長い話を、読んでくれてありがとう。帰ってきてからいろいろな雑用があって

いつもの花の写真が撮れないでいたのですが ようやくこれで普段の時間に戻れます。

みなさまのブログにもお邪魔させていただきますので

またまたよろしくお願いします。(●^o^●)

 

広告

熊野詣と伊勢参り」への6件のフィードバック

  1. 今晩はお疲れさん!!私が尾瀬に行ったルートと同じ高速道路を走っていますね。大門坂では、昔の風俗の貸衣装で歩いたのかな??ホテル浦島の露天風呂は最高でしょう。

    いいね

  2. tamoさん こんばんははーい、疲れました。普段から身体を鍛えておかなければならないと、反省。ホテル浦島の湯は海を眺め洞窟の上を眺めて熱ーい湯に浸かって来ましたよ。大門坂には貸衣裳がありましたが時間がなかったのでパス、姫になって見たかったのですけど・・(笑) 尾瀬にも行かれたことがあるんですね、水芭蕉が見られましたか。

    いいね

  3. 今晩は尾瀬は昨年と一昨年燧ヶ岳と至仏山に登りました。尾瀬ヶ原もぐるりと廻り、水芭蕉も見ました。尾瀬は何度でも行きたい場所です。

    いいね

  4. tamoさん こんばんは燧ヶ岳と至仏山に登ったのですかやはり山男なんですね。高校の頃に尾瀬に行き、何回か行っているのですが至仏山には登ったことがないのです。東電小屋ではランプで、水芭蕉の葉ン簿天ぷらを食べましたよ。うん十年も前の話です。

    いいね

  5. hulalaさんお疲れさま~^^いろいろ観光されて一緒に旅をしたような気分で居ます。熊野古道は一度歩いてみたいと思いますが実現できず・・・何ルートが良いのかそれも調べておりませんがその内ですね。那智勝浦には若い頃旅行しました。海の幸が美味しかった記憶があります。

    いいね

  6. koyukiさん こちらの方までコメをありがとう。那智勝浦までバスでは遠かったです~。あわただしくて食事も落ち着かなかったのですよ。また機会を作ってゆっくりと巡ってきたいと思っているところです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中