行きたかった島へついに

歴史のある島、対馬・壱岐に行ってきました。

紀元前から中国や半島と往来のあったといわれる島でどんなところか見たいと思っていた。

集合場所の羽田まで乗り継いで3時間ちょっとかかる。

福岡空港で対馬へ乗り継ぎ対馬空港着は夕方になった。

バスでホテルへ行くがバスが入らないので5分ほど歩いてホテルへ、

一休みしてからまた歩いて7分ほどの食事場所へ

海の幸の 石焼きを 食す。

次の日はバスで対馬観光

対馬中央部にある浅茅湾、昔は深く入りこんだ,

陸が160mほどのところを

小さな船なら陸を運んで抜けたと。

遣唐使は西の漕手を歩いて船を乗り換えたそうな。

細長い対馬をぐるっと回るより真中をつっきったほうが早いですからね。

烏帽子岳展望台

663年白村江の戦いで敗れたあと

侵略に備えて金田城跡(かねたきのあと)を防衛の拠点とした、

また1274年の元寇の乱では対馬・壱岐など島民は蹂躪され荒らされた。

悲しい歴史がある。

豊臣時代の土塁跡

(山の頂上に見えるのが豊臣時代の土塁)

市役所の傍の万松院から見える山には豊臣秀吉の朝鮮出兵のときに築かれた

土塁があった。そのほかに31か所も砲台跡があるという。

重要な国境の島であることが感じられる。

展望台から見る島はぽっかりと浮かんで美しい風景そのものでした。

DSC00699

お隣の韓国まで49.5Km、ずいぶん近いですね。

対馬は漁業と真珠養殖が主であるにもかかわらず、土産物屋がない!

歴史はあるが今は人口もすくなくなりさびれているようだ。

昼食後にジェットホイルで壱岐の島へ。

1時間ほどの乗船ですが揺れもなくらくらくでした。

壱岐について、バスで観光・・・弥生時代を再現した原の辻遺跡へ

DSC00731

広くてさっぱりしていて芝生の上に寝転びたいと思ったわ。

鬼の窟古墳では巨大な石にびっくり

DSC00740

DSC00756

(猿岩から右にかすかに見える対馬)

神社の数が多い、夜は神主でなくては舞えない夜神楽を見る。

畳2畳の範囲で舞う神楽は見ごたえがあった。

手前は人形です

DSCN1604

 

 

壱岐の夜神楽

翌日住吉神社に行くと昨晩舞ってくれた神主さんがおられましたよ!

DSC00797

そして月読神社の神主は美しい女性でした。

DSCN1608

下ははらほげ地蔵、お腹に丸い穴が開いています。

はらほげ地蔵

DSC00777

島の北にある漁業の町、勝本の朝市でおいしい干物が買えました。

地元の人の手作りで、試食したらみんな買いたくなってしまったのですが

帰りの荷物のことを考えるとほんの少しになってしまった

鯛とカマス、小アジの干物、味がとっても良い。

対馬と比べるとこちらのほうが島に活気があったような気がします。

ジェットホイルで博多へバスで福岡空港、羽田と無事帰れました。

・・・・・が

旅で一番大変なことがあったのです。

東武電車で太田どまりに乗って太田乗り換えで赤城なのですが

太田の乗り換えがきつかった。1番線について階段を下り

5番線へ行くのにまた階段の上りがあり大きな荷物をもっての

移動はきつかった・・・・・・これが4分しか時間がないのですから。

死ぬかと思ったわ。次の列車は35分後だもの・・

どうにかしてくれないかしら

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

広告

行きたかった島へついに」への12件のフィードバック

  1. こんばんは
    遠いところまで?? 旅行されてきたんですね。暇人は,四国まで行ったことがありますが,九州から以西は 全く 未知のところです!(^^)!。はらぼけ地蔵など 珍しいものが 今でも 残っているんですね。こうして見ると 日本も広いですね!(^^)!
    一度は のんびりと 日本を一周してみたいですが 夢 です!(^^)!

    いいね

    • 暇人さん こんばんは
      今回は飛行機で行たのですが遠くへ行ってきたという感じはしませんでした。
      新幹線などのほうが旅をしたという気になりますね。
      それにツアーに参加ということですとめいっぱい見学があるので
      疲れました。

      いいね

  2. ずいぶんと遠くまでお出かけになりましたね(@@;
    我が家からは、東西へ飛ぶ飛行機が頻繁に見られるので、
    もしかしたらアカショウビン家を上空から覗かれたのかな?(笑)
    対馬は機会があったら、一度は行ってみたいと思っている場所のひとつなのです。
    観光目的ではなく、もちろん鳥を見になのですが、
    春の渡りの時期には、アカショウビンの親戚のヤマショウビンなどが見られるらしいのです。
    上から見るフィヨルドチックな海岸線がとても素敵ですね~
    神楽は私の地域もかなり盛んなのですが、
    最近はエンターテイメント的になってきて、昔ながらの良さが失われつつあります。
    壱岐の神楽は、写真からでも神聖な昔からの伝統を引き継いでいることが感じられる気がします。
    乗り換え4分は大変でしたね(^^;
    でも羨ましいかもです。
    こちらだと、1時間2時間はあたりまえ、次は翌日だったりして・・・(笑)
    だから利用する人もほとんど居ないのですけどね。

    いいね

    • アカショウビンさん こんばんは
      そうですか、もしかしたらアカショウビンさんの姿が見られたかしらね。(笑)
      対馬は大きな島ですが人口がずいぶん少なくなって、山なども手が入らないようです。
      つしまやまねこがいるということですが、飼い猫は見ましたが見られませんでした===。

      壱岐は神社が多く、どうやって神社が成り立っているのか気になるところです。
      そんな中、伝統的な神楽が残っていて通して演じると8時間もやるそうです。
      すごいです。

      そちらの列車は利用される方が少ないのですか。
      みなさん、お車のほうが便利なんですね。
      群馬も一軒の保有台数は日本で上位に入っていますよ。
      やっぱり列車の本数が少ないから不便なんですね。

      いいね

  3. いきなり「遠島」を申し渡されたワケですか(笑)
    離島と言うのは、行きたいけれど中々チャンスがありません。
    隠岐、対馬はhulalaさんが書かれているように
    遠い時代からの歴史があります。
    それも悲しい歴史が埋もれていますね。
    画像からは現在の大らかさが伝わってきます。
    アカショウビンさんがコメントを寄せられているように
    日本海側の離島は、渡りの時期に珍鳥が見られることが多いです。
    観光、歴史とグルメに探鳥を加えて、ぜひ訪ねたいところです。
    博多へは仕事で数え切れないくらい行っているのですがねぇ・・・

    いいね

    • agehamodokiさん こんばんは
      そうなんです、行って島の様子を見てこい、ということで
      ツアーに入れてもらいました。みなさんそれぞれ、旅の達人ばかりで
      いろいろ話を聞かされました。島めぐりの方や、国境の好きな方など。

      モドキさんが書かれているように悲しい歴史があったのですが
      ガイドさんもそういう話はしないですね。
      半島から最初に着くのが対馬ですから、しかも中央からは遠い場所は
      守りが薄い、どうやって立ち直ってきたのか知りたいところです。

      古墳なども沢山あるので、調べるとわかるのでしょうが
      これから徐々にわかるでしょうとガイドさんが話してました。

      モドキさんは博多は柳川あたりでお過ごしでしたか。
      あの辺りには都鳥がいるのではないかしら。

      いいね

  4. こんばんは、お天気も良く、いい旅をされましたね。
    山陰に幾度か旅をしましたが、隠岐や対馬までは足を伸ばせませんでした。
    画像も綺麗ですので、魅力的に見えますね。
    もう足を運ぶことはないでしょう、画像をゆっくりとスクロールさせて貰いました。
    近くて遠い羽田空港、そしてローカル線、高崎経由の新幹線では遠回りなので
    しょうか?。

    いいね

    • 放念の翁さん こんばんは

      団体は平均年齢が多分70歳は越えているんじゃないかと思われますが
      みなさんお元気で動いていらっしゃいました。
      対馬は山が荒れていましたし、耕作放棄地が多いようです。
      お米は新潟などから運んでいるとのこと。

      壱岐の島は水田が多く山も250mほどで高い山だと話していました。

      高崎なら新幹線で夜遅くまであるのですが、そこから両毛線に乗り換えて
      1時間かかるので、東武急行のほうが安くて速いのです。
      それなので東京行きはもっぱら東武伊勢崎線に頼っています。

      いいね

  5. 今晩は
    対馬は入り組んだ、素晴らしい海岸線が有るのに驚きました。
    海の幸に堪能されたことでしょうね。
    離島は独自の文化があり、素晴らしい体験をされ私も行きたくなりました。

    いいね

    • tamoさん こんにちは
      対馬は高い山で600mちょっとですが山が連なっていて登ったり下りたりのところです。
      朝鮮通信使の通った道や、戦場跡なども山です。
      時間があれば歩いてみたかった場所ばかりでした。
      そしたらつしまやまねこにも会えたかもしれません。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中