食べられなかったアブラナですが

去年は家庭菜園で作ったアブラナは全部廃棄して

食べられなかった。

福島原発の事故で180Km離れた群馬でも

放射能汚染が問題になりました。

しいたけ、山採りキノコ、アブラナ、ホウレンソウなどなど

が問題になったのです。

IMG_1195

 

今年はおいしいアブラナがたくさん食べられる。

それだけで十分にうれしいのです。

油菜はカキ菜とも言われているように脇芽を折って採る。

採りたては葉の部分を先に湯に入れてその後に茎まで浸して茹でる。

そうしないと葉より先に茎が柔らかいのでクタクタになってしまうからだ。

(売っているアブラナは 全体を一緒に茹でたほうがいいかも)

カキ菜

 

胡麻和え、からし和え、味噌汁にと、味を楽しむ。

 

普通に食べられるものが食べられないときの

さみしさは何とも言いようがない。

でもいまだに完全に・・・安全だとは言えないでしょうね。

IMG_1218

今朝のミモザはこんなに開いていました。黄金色が満開!

IMG_1197

椿の木の下にある カタクリ です。

開いたばかりで花弁がくちゃくちゃになっている。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

広告

食べられなかったアブラナですが」への10件のフィードバック

  1. アブラナのことをカキ菜というのですね。
    放射能汚染のニュースでカキ菜と盛んに報道していたので、
    聞いたこともない名前でいったいどんな野菜だろうと疑問に思っていた謎がようやく解決しました(*^-^)
    子供の頃はアブラナ(こちらではナタネと呼んでいました)を栽培して、
    文字どおりの食用油にしていましたね。
    こちらでは、葉を食べる習慣はあまり無いように思います。
    もうカタクリが咲いているのですね(@@;
    ようやく我が家では福寿草が花を咲かせましたよ(*^^)

    いいね

    • アカショウビンさん こんばんは
      ナタネ油は作っています、私ではありませんが(笑)
      アブラナの菜の花が小さな種を作る、それを絞り機で絞ると
      油が出てきます。天ぷらを揚げましたが、おいしかったですよ。
      問題は酸化防止なんですね。
      ぐんま昆虫の森では油を絞る作業を体験出来るんです。

      やっとカタクリに会えましたがそちらは福寿草さんがきらびやかな
      黄金色を見せてくれたんですね。
      やっとこさ、の春ですね。

      いいね

  2. 茎が柔らかそうで、まさに新鮮!って感じますね。
    アブラナって食べたことないのです。
    バラエティに富んだ食べ方どれも美味しそうですね。
    カタクリもう咲いてるのですね~カタクリも食べれるのですよね。
    こちらは福寿草の開花情報が聞かれたとたんに今日の大雪。
    20㎝以上は積もってます^^;春がまた遠のいてしまいました(泣

    いいね

    • koyukiさん こんにちは
      カタクリの花も自生しているのが少なくなって来ているのでその球根で作る
      かたくり粉はもったいなくて食べられませんね。
      今はほとんどジャガイモのでんぷんだろうと思います。
      でもkoyukiさんの周りには沢山のカタクリが自生しているようなので
      作る気になれば出来るのでしょうね。
      荒れた天気がやっと通り過ぎましたが
      そちらの方へ移っているようです。風が凄いですよ。

      いいね

  3. こんにちは
    「カタクリ」が咲いていますね!(^^)! しばらく見ていないと 花の名前を忘れてしまいそうですよ!(^^)!
    こちらは 午前中は猛吹雪でしたが,午後からは落ち着いています。このまま過ぎ去ってくれるといいんですがね!(^^)!

    いいね

    • 暇人さん こんにちは
      ニュースで日本列島の嵐の様子をやっていましたが
      こちらを通り過ぎてそちらへ向かったようですね。
      強い風にお気をつけてくださいませ。

      いいね

  4. 春の嵐は大丈夫でしたか?
    うららかな春はけっこうだけど、嵐はご勘弁ですね。
    春野菜と言うだけで、暖かさと柔らかさを感じます。
    こちらも放射能はご勘弁。でも、作っている方がお気の毒で!
    ミモザ、満開ですね。カタクリの花も春の代表選手ですね。

    いいね

    • agehamodokiさん こんにちは
      群馬にもホットスポットがあり、今年もキノコや山菜は採りにいけないと思います。 赤城山の大沼のワカサギも3月末で多かったのです。 去年は家のネギやアブラナは全部抜きました。こんな狭い家庭菜園でも 悔し涙が出ましたよ。この悔しさを別な地域でおこしてはならないと思いました。
      電気を作るのも効率だけで判断しないで作ればいいのですよね。 自然をこわさない工夫をもっとしなくてはと思います。
      春の嵐は吹きましたね、砂を一緒に舞いあげて凄かったです。
      こういうときは年金生活の強みです(笑)家から出ないでいればいいのですから。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中